すぐ使える!子どもにケータイを持たせる前にすべき約束14カ条

2013年4月10日 23時00分 (2013年4月12日 21時11分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもにケータイやスマホを与えるとき、何も制限をしないでいれば、トラブルに巻き込まれたり、ケータイに依存したりするのが心配ですね。かといって、親が一方的に理不尽な制限や約束を決めたら、思春期の子どもは納得しないもの。難しいところです。
そんなケータイを持たせる際にしておいたほうがいい制限や約束について、「子どもにケータイを持たせる前に親子ですべき約束のポイント4つ」、「トラブル回避!子どもにケータイを持たせるときの約束事4つ」の記事では、青少年のメディア利用事情に詳しい合同会社ロジカルキット・下田太一さんのアドバイスを元に、ルール作りのポイントを紹介していただきました。
これらのポイントを元にして、今回は下田さんに“中学生の男の子にケータイを持たせる場合”を想定した具体的な約束集を作っていただきました。さっそく、具体的な“14カ条の約束”を紹介します。

■”ケータイ利用”14カ条の約束
(1)インターネットはリビングにあるフィルタリングの設定してあるパソコンで、E-メール、チャット、ウェブサーフィン、ネットゲームをすることを許可する。
(2)友達への連絡は固定電話を使い、相手の親に挨拶をすること。
(3)メール、又は通話の相手はアドレス帳に登録している人に限定する。
(4)夜はケータイをリビングに置いて寝ること。夜9時以降はいかなる場合もケータイは使わない(目覚ましには時計を使う)。
(5)メル友やブログなどネット上の活動は親の知る範囲で行う。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)