0

男性が思わず結婚を意識する女性の特徴

2013年5月24日 18時54分 (2013年5月26日 23時43分 更新)
春のブライダルシーズンで、仲のよかった友人や、会社の同僚など、身のまわりで結婚式を挙げた人も多かったのではないでしょうか? 未婚女子としては、「このままひとりだったらどうしよう」「彼はいるけど、なかなか結婚を意識してもらえなくて……」などと思ったりもしますよね。そこで、男性が思わず結婚したいと思う女性の特徴について考えてみました。

●なぜ“男性に結婚を決断させたい女性”が多いのか

まず、男性の多くは、結婚について「仕事も人生も、まだまだこれから」「結婚は、もう少し経済力や自信がついてから」など、“自分のペース”で考える傾向があります。一方で、出産可能な年齢までのカウントダウンを着々とはじめている女性。そもそも、男性と女性の間には現実感という点で大きなギャップがあるのです。結婚に対して現実感を持ちにくい男性を、女性側がうまくフォローしながら、自然な形で合意にいたることができれば理想的ですね。

そこで、男性が思わず結婚したいと思う女性であるために大切なこととは……

1.健康管理ができる
男性は本能的に、女性の健康的な魅力に惹かれます。自分の心や身体を大切にし、パートナーの健康にも気を配れるということは、夫婦関係や家庭を維持していく大事な要素です。

2.前向きである
誰かと話すことで不安を解消する女性とちがい、スランプのときほどひとりになりたがり、解決の見通しが立つまで内に秘めるのが男性の特徴。パートナーが不調でも、過剰な心配や干渉をせず前向きに過ごせる女性は、男性にとってありがたい存在です。

3.話し合いができる
すぐに感情的になるタイプも、逆に自分の気持ちを表現しないタイプも、男性を疲れさせます。家庭に安らぎを求めるのは男性も同じ。ほどよく本音をまじえながら、異なる価値観をうまく折り合わせるコミュニケーションを心がけて。

4.料理ができる
健康面や経済面を考えると、料理はできるほうがベター。子どもが生まれたら、母親が料理をしないわけにはいかないもの。男性の本能は、上手に子育てしてくれそうな女性を結婚相手に選ぶようにできているそう。家庭的なスキルは磨いておいて損はないでしょう。

5.自分の世界をもっている
「結婚さえすれば幸せになれる」という考えは間違い。結婚制度やパートナーが自動的に幸せを運んできてくれるのではありません。ライフワークや友人関係など、自分の世界をもち、みずからも幸せを生みだせる女性こそが、家庭でも良好なパートナーシップを築いていけるのです。

6.自分の人生は自分で決められる
忍耐強すぎる女性や従順すぎる女性は、待たされる側になりがち。嫌われることを恐れず、ときには自分の考えを伝えて。新しい恋愛に入る前に、「結婚前提なら」と釘を刺すのも、ひとつの手。時間を無駄にするつもりはないという態度を示すことで、男性に覚悟をうながす効果が。

●女性側がいくら待っても彼が結婚を決意しないときは……

経済的なことや家族の問題、お互いの信頼関係など、どうしても結婚の準備が整わないこともあります。力ずくで結婚にこぎつけても、心にしこりを残した結婚生活はツライもの。思い通りにならない相手を、あの手この手でコントロールしたくなるときは、2人の関係はすでに黄色信号です。あくまで彼と一緒にいることが大事なら、彼の価値観やペースに歩み寄ることも必要。どうしても結婚・出産のリミットにこだわるなら、別の人との出会いも視野に入れて。究極の選択を迫られた結果、別れを選ぶこともあるでしょう。でも、それを乗り越えたあなたを待っている人が必ずいます。どんな経験も自分をブラッシュアップさせるのだと考えましょう。

(心理コーディネーター:三吉野愛子

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品