0

小麦が肌をサビさせる!?糖化を促進させるグルテンの怖さ

2013年6月7日 21時00分 (2013年6月10日 20時06分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもの食事から小麦を抜くだけ、というグルテンフリー・ダイエットがハリウッドセレブの間で大ブームになっていますね。日本でもエリカ・アンギャルさんの近著『グルテンフリーダイエット』で話題に。その話題の正体「グルテン」には糖化を進めて肌のシミ・しわ・たるみといった老化現象を引き起す、ということが最近の研究で分かってきました。

■グルテンとは?

グルテンとは、小麦やライ麦、大麦に含まれるタンパク質の1種のこと。パンやケーキのモチモチ感を出して、生地を膨らませる効果があります。しかし、グルテンの中に含まれる「グリアジン」という成分が脳内で麻薬のような働きをして食欲を刺激するので、パンやスイーツは食べだすと止まらない!という現象を引き起こしてしまうと言われています。また、アミロペクチンAという麦類に入っているでんぷん質も血糖値を上げ、肌の老化を進める原因「糖化」をも促し、皮脂腺の分泌も盛んにしてしまいます。

■グルテンは腸の炎症を引き起こし、肌荒れ、ニキビの原因にも

グルテンは小腸を刺激して栄養が吸収できなくなる、という症状も引き起こすことがあります。そうなると肌にまで栄養が行き渡らなくなり、肌荒れを起こしたり、老廃物が体内に留まってしまうので、ニキビや太る原因にもなります。

肌荒れがひどい、ヤル気が出ない、いつも疲れている、生理不順などの症状がある方は知らないうちにグルテン過敏症になっている可能性もあるので、パンやスイーツ、ビールなどを控えてみましょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品