0

片づけられない人必見!東大生が実践する整理整頓術3つ

2013年6月15日 08時00分 (2013年6月17日 18時11分 更新)


「部屋が片付けられない!」
こんな悩みをお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか。整理整頓されていない部屋にいると、気分が落ち着かないし、必要な物が見つからなくて慌ててしまうことも。こうなると、生活そのものに支障が出てしまいますね。
部屋の状態は“心の状態”を表しているともいわれます。部屋が乱れた状態だと、頭や心もなんとなくすっきりしないもの。仕事や勉強、恋愛にも悪影響が出てしまいそうです。
「でも、わかっているけど、なかなか片付けられない!」という方のために、今回は『東大生だけが知っている“やる気スイッチ”の魔法』の著者で、東京大学在学中の岡田真波さんに、東大生がやっている、お部屋の整理整頓についてうかがいました。さっそく、頭と心を整えるのが上手な“東大生”が実践する整理整頓術を3つ紹介します。

■1:すべての部屋にゴミ箱を置く
小さなゴミでも置き去りにしてしまうと、そこから部屋の中が散らかり始めてしまうもの。
そうならないために、東大生は、家があまり広くなくとも、家中の全てのスペースに小さめのゴミ箱を置いているそうです。こうしておけば、ちょっとしたゴミが出たときにも、その場ですぐに捨てることができ、家の中をいつも整然と保つことができるのです。

■2:前日のうちに、次の日に着る服のコーディネートを考えておく
会社や学校へ出かける朝、何を着ようかと服選びを始めたものの、コーディネートがうまくいかず、服を出して着たり脱いだり。そのうちに、試した服をクローゼットにしまう時間が無くなってしまい、出しっぱなしで出かけてしまった……。そんな経験はありませんか?
疲れて帰ってきたら、部屋には出しっぱなしの服が散乱……。こんなことが何日か繰り返されると、いつのまにか、部屋は片付かない状態になってしまうのだそうです。
そんな事態にならないように、服のコーディネートは、出かける前日のうちに、お天気などをチェックしながら決めてしまうとのこと。これで部屋を散らかすことなく、お出かけすることができるのです。

■3:物の定位置を決めて、夜には全て戻しておく
物の定位置を決めることは、整理整頓の基本。ついテーブルの上など置きっぱなしにしがちな、リモコンスイッチなどのちょっとしたものでもすべて、しまう場所、置き場所など“定位置”を決めることが重要なのだそうです。
そして、寝る前には必ずその“定位置”に戻します。
こうして夜のうちに部屋を整えておけば、忙しい朝に探し物をすることもなくなり、朝の時間を有効活用することができるのです。朝から余裕があれば、頭もすっきり、爽やかな1日のスタートをきれそうですね。

いかがでしたか。ちょっとしたことですが、これならすぐに真似できそう。東大生の習慣を見習って、今日から整理整頓された気持ちのいいお部屋を目指してみませんか。

【東大生シリーズ】
賢い人はここが違う?東大生に聞く「食生活」の特徴4つ
東大生に学ぶ!購入後の後悔を防ぐ「バーゲン攻略法」6つ
要チェック!東大生だけが実践する効果絶大な記憶術とは…
ここが違った!東大生が実践してる集中力キープ術4連発
東大生が実際にやっている「怠け心に勝つ」究極テク3つ

【取材協力】
※ 岡田真波・・・東京大学在学中。兵庫県出身。浪人時代に心理学に興味を抱き、東大合格者と不合格者の違いについても考えるようになる。東大入学後に学生サークル「PICASO~東大・早慶ベストセラー出版会~」に入ったことをきっかけに東大合格者の”心”について取材し『東大生だけが知っている「やる気スイッチ」の魔法』(主婦の友社)を刊行するに至る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品