刺される人は何がダメ?「蚊」が寄り付かないようにするテク6つ

2013年7月12日 07時30分 (2013年7月24日 17時44分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビアガーデンやバーベキュー、花火大会に夏祭りと屋外で過ごすことが増える夏。そんな楽しいイベントで盛り上がっている最中に、一気に不快な気分になってしまうことといえば、何が思い浮かびますか? それは、”蚊”に刺されたときの耐え難い痒みなのではないでしょうか? 

「蚊に刺されやすい」「外にいると絶対に蚊に刺されてしまう」という人は、知らぬ間に蚊が近寄ってきてしまうNG行動をとっているのかもしれませんよ。

そこで今回は、知っているようで知らない”蚊に好かれちゃうNG行動”についてお話していきたいと思います。

 

■蚊に好かれちゃう人の特徴

同じように外で過ごしているのに、蚊に刺されやすい人とそうでない人がいるということはご存知ですか? 実はそれ、体質の問題だけではないんです。「蚊に刺されやすい」という人は、下記の蚊に好かれちゃう人の特徴に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

(1)暗い色の服を着ている人

蚊は暗い色を好むので、黒や紺色などの暗い色の服を着ていると刺されやすくなります。また、日に焼けて肌の色が黒い人も蚊に刺されやすくなります。

(2)体温が高い人

蚊は温かいものに寄ってくる性質があるので、体温が高い人は刺されやすくなります。さらに、体温が高い人は汗をよくかきますよね? これもまた蚊を引き寄せる要因になるので、汗をかきやすい人は要注意!

(3)お酒を飲む人

蚊は、私たち人間が呼吸をするときに吐き出す二酸化炭素を目印にして近寄ってきます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)