0

小学生の親8割が『瞬足』を「知っている」、運動靴に関する調査を実施

2013年7月25日 15時25分 (2013年7月27日 23時43分 更新)
株式会社クロス・マーケティングが子どもに人気の靴のブランドなど、「運動靴」に関する調査を全国の「幼稚園~中学生の子を持つ親」と「高校生」を対象に行った。調査期間は2013年7月4日、有効回答数 418サンプル。

【彼氏の靴から本当の心理がみえるかも→「ひもつきの靴=無邪気さを隠している大人」】

運動靴のブランドの認知度について調べたところ、「瞬足」が全体で8割を超える結果となり、小学生の親に関してはほぼ9割の親が「瞬足」を知っているということだった。次いで「SUPERSTAR バネのチカラ」が43.0% 、3位の「TIGON レーザービーム」は20.1%と小学生の親の認知度は1~3割程度であった。

次に、認知しているブランドの中で「使用した経験のある運動靴」について調査したところ、「瞬足」が最も高く、75%の人が「購入したことがある」と答えた。また『SUPERSTARバネのチカラ』は2位だったが、「今後購入したい」と思っている人が48.5%と、「瞬足」と並んで、購入してみたいと思われている結果がでた。

最も認知度の高い「瞬足」の年齢別での使用状況を調べたところ、購入経験の1位は小学生の子どもを持つ親で8割以上、中学生になると現在使用している人が1割台と、小学生で使用率が高いことがわかった。

各社のブランド靴がどの年代のイメージかを聞いたところ、『瞬足』『SUPERSTARバネのチカラ』『TIGONレーザービーム』ともに「小学生向け」というイメージが強く、次いで「幼稚園」のイメージ、『瞬足』が中学生になると1割のイメージしかない。それに対し『SUPERSTARバネのチカラ』と『TIGONレーザービーム』は、中学生でも2割前後のイメージがあるという結果になった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品