0

気付けばあなたもやっちゃってる!これもあれも大顔習慣9つ

2013年7月29日 11時54分 (2013年7月31日 21時06分 更新)
「気付けば以前よりもこころなしか顔が大きくなったような…?」なんて思うことありませんか?実はそれ、単なる思い過ごしじゃないかもしれませんよ。日常生活で何気なくやってしまっているその習慣が少しずつあなたの顔を大きくしているのかもしれません。むくみや骨の歪み等、大顔へと導いてしまうちょっとしたクセの数々を今一度確認してみましょう。

■1つでも当てはまったら危険な習慣
■1:頬杖をよくつく

頬杖をつくことで顎の骨が歪んでしまいやすくなります。骨の歪みは小顔の大敵!

■2:自炊よりも外食することが多い

外食は思いのほか塩分が含まれている事が多々。塩分の摂りすぎはむくみに繋がります。

■3:メイクは小さな鏡でしている

コンパクトや小さな鏡でメイクをすると、顔全体をじっくり見る事が減ってしまいます。顔の骨格のバランスやむくみなどを大きな鏡でマメにチェックするように心掛けましょう。

■4:基本的に湯船には浸からずシャワーだけで済ませる

血の流れが滞ってしまうと、むくんでしまう他、肩こりも引き起こしてしまいます。湯船に浸かってむくみや肩こりは常に解消するようにしましょう。

■5:暇さえあればスマホを覗いてしまう

スマートフォンを覗き込む姿勢は前傾姿勢や猫背だったりするのでリンパの流れが滞りがち。また画面を覗きこむのに集中するあまり口に力が入ってしまうのも好ましくありません。

■6:冷たい飲み物を飲むのが好き

氷が入った冷たいものばかり飲むと老廃物が滞ってしまうことも。常温の水をこまめに飲むのが小顔的視点から見ても好ましいでしょう。

■7:気付けば口が半開きになっていることが多い

口が半開きになっているのは、口の周りの骨がゆるんでいる証拠。常に口角を上げているように意識すれば印象もよく大顔防止にも。

■8:暑い季節は冷房強め

冷房が強い環境で過ごすことで、体は冷え、血の流れが悪くなり、むくみも招いてしまいます。環境のためにも小顔のためにも冷房の温は高めを意識しましょう。

■9:肩こりはそのまま放置

肩こりを放置してしまうことで、リンパは滞り、顔も大きくなっていってしまいます。大顔を招く肩こりはまめに解消してあげましょう。

日常のクセが思いのほか大顔に悪影響を与えてしまうもの。今一度自分のクセを見直してみても良いかもしれませんね。

前田紀至子

 【参考】
X BRAND

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品