0

気をつけて!スマホを持つと「貴重な人生がムダになる」5つの理由

2014年10月14日 07時30分 (2014年10月15日 15時38分 更新)


“スマホ”ことスマートフォンが携帯市場を席巻し始めて数年。今では、かなりの人が“ガラケー”からスマホに乗り替えていますよね。
しかし、一度これを持ってしまうと、「スマホがないと生きていけない」と片時も手放さず、依存症になってしまう人も少なくないようです。
そこで今回は、英語圏の金融系サイト『Bankrate.com』の記事を参考に筆者の体験も踏まえて、“スマホを持つ”ことのネガティブな側面についてお伝えいたします。

■1:時間がムダになる
レストランで人と会っていてもスマホをいじり、SNSに絶えず行動を投稿し、常にネットをチェック。街では“歩きスマホ”をしている人もよく見かけるようになりました。
でも、そんなふうに1日24時間“ネットと繋がっている”ことって本当に必要でしょうか? 絶えず人やネットと繋がっていると、妙な安心感が得られる反面、スマホでの繋がりに時間を費やしているうちに、ほかのもっと大事なことに費やせる時間を失ってしまうかもしれません。

■2:終わりのないアップグレード
新しいスマホを買ったと思ったら、もう別の会社がもっとすごい機能を持つスマホを発売。どうしてもそっちが欲しくなってしまったり、持っていないと恥ずかしい気がしたり……そうやって、結局毎年お金をムダに使う羽目になりがちです。
大して利用しない機能が付いたスマホ、毎年買い換える必要なんてないのです。

■3:ゴミが増え資源がムダに
毎年スマホを新しいモデルに替える人は大勢いますが、使わなくなった電話をどう処理していますか?
調査によると、使用しなくなったスマホをリサイクルに出す人は少なく、そのまま持っていたり、捨ててしまったりすることも多いようです。
新しいスマホを買い、古いものを捨てることでゴミが増えていく。経済発展の大儀のもとで、大した理由もなく資源をムダにしているのです。

■4:集中力がなくなり生産性が落ちる
日中仕事をしていてもスマホはいつも机の上。メッセージが来たら、気になってすぐ見てしまいますよね。
そして返事をすぐに打ったり、ネットをチェックしたり。でも、そんなことをしていたら、いつまでたっても肝心の仕事が終わりませんよ!
中には、仕事中にSNSに投稿する、なんて人もいるようですが、部長に目をつけられたら……出世はムリかもしれませんね。

■5:貴重な機会を見逃す
レストランにいても、旅先でも、コーヒーショップで並んでいても、1人のときはずっとスマホを見つめ、周りの人々と会話をしないあなた。もしかしたら、それが恋人ができない原因になっているかもしれません!
スマホを見つめるのをやめて、周囲の環境にもっと気を配ってみましょう。スマホをずっと見つめていたら、周りの美しい人やもの、景色や機会が、どんどんあなたのそばを通り過ぎて行ってしまいますよ。

以上、スマホを持つことで”貴重な人生をムダにする”理由についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?
上手に使えば確かに便利なスマホ。でも、振り回されたら人生が台無しになってしまいます。普段はバッグにしまって必要なときだけ使用するなどして、外にいるときは周囲の環境や人々に目を向けてみてくださいね!

【関連記事】
「18歳未満のID検索規制」から学ぶLINEに隠された怖い罠
「アプリ」に頼るのは危険!? スマホが子どもの発達に与える影響
明細書チェックしてる?子どもに携帯を持たせるときの親のNG行動5つ
やっぱり使わせちゃダメ!? スマホが子どもの成長に及ぼす悪影響5つ
心の成長を阻害!子どもにケータイを持たせる「意外な悪影響」3つ

【姉妹サイト】
本のコンシェルジュが指南!書店で「運命の出会い」を引き寄せるコツとは
あるある!女子が選んだ「イタい女&イタい男」の特徴ベスト5

【参考】
6 reasons not to buy smartphone – bankrate.com

【画像】
Susanne Nilsson

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品