0

激白!磯山さやか「グラビアが苦手」「水着がイヤで仕方なかった」

2015年8月12日 08時00分 (2015年8月12日 21時25分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

グラビアモデル・タレントであり、AneCan専属“ぷに”モデルとしても活躍中の磯山さやかさん。

AneCan9月号で初めてのロングインタビューを披露し、すべてをさらけ出したその衝撃の内容が話題になっているんです。

★磯山さやか初の「女子萌えグラビア」が男子目線でもアレすぎる

「すべて“苦手”からの始まりでした」と語る、裸の磯山さやかの“過去”と“現在”を、紹介します!

グラビアアイドル”を始めようと思ったきっかけは、東京で遊びたくて“ついで”に受けたオーデイションだったという彼女。

部活をやっていたら夏休みなんてないに等しかったから「東京で遊びたい!」って思いだけで友達とついでにオーディションを受けに行ったんです。でも、帰りに渋谷の“109”に行って、何をするかってことばかり考えていたと思う(笑)。

そのオーディションは落ちてしまったそうなのですが、今の事務所の方の目に留まり、芸能界に入ったのだそう。

オーデイションのときの私の茨城なまりがすごかったらしいんです(笑)。そこを「おもしろい!」って思ってくれたみたいで、しかも胸も大きかったから「この子、グラビアでいけるんじゃないか?」と思ってくれたみたいで……。

昔から胸が大きかった磯山さん。ですが、それがコンプレックスで、学校の授業のプールも入らなくなり、走るときも胸を隠すようにしていたとか。なぜグラビアをやるようになったのでしょうか。

決まっちゃってたんですよ。グラビアでデビューって……。事務所に入りたてのころに「グラビアやる気ある?」って聞かれて「やせたらありま~す(笑)」とかって、軽く言ってたら本当に決まっちゃて……。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品