0

島田順子本人が着る「JUNKO SHIMADA」カタログが本当におしゃれ

2015年8月27日 09時30分 (2015年8月27日 20時25分 更新)

パリで40年以上暮らすおしゃれのカリスマ・島田順子さん。デザイナーとしてだけではなく、そのたぐいまれな着こなしのセンスで、同世代はもちろん、「いつかは島田さんみたいなチャーミングで上品な女性になりたい」と、幅広い年齢層から支持されています。

トレードマークでもあるシルバーグレーのふんわりポンパドールと、程よく鍛えられた美脚で次々と着こしていくそのお姿は、70代とは思えないほどイキイキとして魅力が溢れ出ています。

★「頭の中が装いに表れる」…パリマダムに学ぶ、本当のおしゃれとは?

島田さんが手掛けるブランド『JUNKO SHIMADA/49AV.junko shimada』 の2015-16秋冬のカタログでは、“アイリッシュ・フィッシャーマン”をテーマに、島田さんご自身がモデルとして登場。この企画は好評につき、今回が第2弾なんです。

(写真)ニット¥69,000(税別、11月発売予定)

象徴的なスコットランドの国旗をイメージしたニットには、迫力あるヘリンボーンの太めパンツでバランスよく着こなして。遊び心も見てとれるニットは、世代を選ばず着てみたい一品。

(写真)ニット¥68,000(税抜き、9月発売予定)、スカート/参考商品

カシミアウールの細い糸を8本どりで編んだ、やわらかなアラン織りのフィッシャーマンニットにはラインを効かせたラップスカートを合わせて。

(写真)コート¥79,000、ニット¥26,000、スカート¥29,000(すべて税抜き、9月発売予定)

スコットランドといえばタータン! 柄に柄を合わせた上級者の装いをさらりと着こなすのは、島田さんならでは。

(写真)コート¥88,000、ニット¥59,000、スカート¥44,000(すべて税抜、10月発売予定)

上下に同じ柄を合わせると、ワンピースのようにすっきりとした印象に。足元のコーディネートまで抜かりがないところが、さすが!

(写真)コート¥120,000、ニット¥69,000(すべて税別、11月発売予定)

今季もっとも手に入れたい、丈を長めにしたメルトン地のダッフルコート。これひとつで上質な存在感を漂わせてくれます。

島田順子さんといえば、昨年発売された著書『島田順子スタイル パリ、大人エレガンス』が今でも根強い人気を集めています。

島田さんが、愛する22の場所でご自身がデザインした服を自ら着て撮影した「私のパリスタイル」をはじめ、70代になっても女性らしくチャーミングでい続ける秘訣や、さりげないのにどこか人と違う、エスプリ満載の着こなし術なども盛り沢山の内容。

こちらもぜひ、あわせてチェックしてみてくださいね。(加藤理恵

 『島田順子スタイル パリ、大人エレガンス』
1,700円(マガジンハウス)

カタログの写真/Shunya ARAI

JUNKO SHIMADA http://www.junkoshimada.jp/

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品