「正社員→性社員」「ありがとうござる!」……ああ、仕事メールでやってしまった誤変換5選

2015年10月1日 06時45分 (2015年10月3日 23時32分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事でメールを使用している人は多いと思いますが、疲れていたり、注意力がなくなっていたりして文字の誤変換に気づかず、メールを送ってしまったことはありませんか? 今回は、働く女性にやらかしてしまった仕事メールでの誤変換について聞きました。

■武士か!?
・「『ありがとうございました』と打ったつもりが、『ありがとうござる』と打ってしまった」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

実際に送られてきたらクスッと笑ってしまう誤変換ですね。

■よく使うフレーズで……
・「『返信ください』を、『変身ください』と言ってしまった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『よろしくお願いいたします』を『よろしくお願いしてます』」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「よろしくお願い遺体します」(28歳/その他/専門職)

・「『お願いします』が『尾根ギアします』になった」(32歳/その他/事務系専門職)

・「『お願いします』が、『オネがいします』になってしまっていたこと」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ありがとう→ありがとうポイント」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「よろしくお願いします」や「ありがとうございます」などは、メールでよく使われる言葉。何十回と入力しているはずなのにうっかりすると受け取った人をびっくりさせる誤変換をしてしまうことも。こういう言葉は辞書登録しておくと入力の手間も誤変換も防げそうですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)