0

究極の対決!? 「肉じゃが」VS「カレーライス」、男性がグッとくる料理はどっち?

2015年12月30日 11時38分 (2016年1月1日 23時32分 更新)
料理上手の女性にグッとくるという男性は多いはず。「男性は胃袋をつかめ!」なんてよく言いますが、彼女に自分の好物なんかをおいしく作ってもらえた日には、「この先もずっとこの手料理が食べたい!」と、急に結婚を意識する男性もいるのだとか。そこで今回は、定番のあの料理について、男性たちにこんな質問をしてみました。

Q.女性に作ってもらったらグッとくるのは「肉じゃが」or「カレーライス」、どちらですか?
「肉じゃが」……50.0%
「カレーライス」……50.0%

なんと、きれいにすっぱり意見が2つに割れました! どちらも男性には人気の料理ですからね。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「肉じゃが」派の意見>
■和食は難易度が高いはず
・「肉じゃがのほうが技術がいるから」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「カレーライスよりもちょっと難易度が高そうだから」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「和風料理の定番で、この辺がおいしくできれば料理上手だと思う」(38歳/電機/技術職)

和食は難易度が高い料理だからこそ、それを上手に作れる姿ににグッとくる男性は多い様子。繊細な味つけが風味を左右する和食は、作る人の個性がでる料理です。だからこそ、彼好みの味つけをマスターして、胃袋をしっかりとつかめるといいですね!

■“家庭の味”だから!

・「家庭の味を考え出してもらえたら印象がいい」(29歳/医療・福祉/その他)

・「和食の煮物は家庭的度がかなり高いから」(32歳/通信/技術職)

・「その家庭の味がダイレクトにわかるから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

男性は結婚相手の条件に、よく「家庭的な女性」を挙げます。まさに肉じゃがはその家庭的なイメージを男性に与える料理なのかも!? また、自分の家庭オリジナルの味を肉じゃがで表現してもらいたいという男性の意見もありました。

では次に、老いも若きも男性たちが大好きなカレーライスを選んだ人たちの意見を見てみましょう。

<「カレーライス」派の意見>
大好物なんだもん!
・「自分が好きだから」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

・「好物だから」(31歳/情報・IT/技術職)

男性のみなさんは本当にカレーが好きなようで、「好きだから」という理由が圧倒的に多く見られました。気になる彼に手料理を振舞う機会が訪れたら、無難にカレーを作っておけば大抵の男性は喜んでくれるかも!?

■味つけにセンスが出る
・「カレーライスは、シンプルで料理の腕前も試される料理だと思うから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「味つけが工夫できるから」(33歳/医療・福祉/専門職)

カレーはシンプルなレシピながら、スパイスの調合、加減などで大きく味が変化します。したがって、個人の好みや味つけのセンスが非常に顕著に出る料理だと考える男性たちもいました。あまりに自分の好みとちがうと、ちょっとガッカリされてしまうかも……?

<まとめ>
気になる彼の気持ちをグッとつかむには、おいしい料理が一番効くのかも。さらに、「結婚すれば、毎日こんなおいしい料理が食べられるんだ!」と彼に希望を持たせることで、料理をきっかけにあなたとの将来をきちんと意識してもらうこともできそうですよね。「胃袋をつかむなんて古臭い!」と思うかもしれませんが、一度彼に自慢の料理を食べさせてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数130件。22歳~39歳の社会人男性)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品