男子42.2%⇒女性と食事に行ったら、自分がおごる。その理由「見栄で」「嫌われたくない」

2016年1月8日 19時00分 (2016年1月10日 23時32分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
景気は回復傾向にあると言われつつも、なかなか給料が上がらないこのご時世、できることなら支出を抑えたいと多くの人が思っていることでしょう。ですが女性との食事では少しいつもの金銭感覚を変えている男性もいるようです。女性と食事に行くときの支払いについて、社会人男性のみなさんに聞いてみました。

Q.女性と食事に行く際、支払いはどうしていますか?

「自分がおごることが多い」……42.2%
「多めに支払うことが多い」……41.4%
「割り勘にすることが多い」……15.5%
「女性におごってもらうことが多い」……0.9%

8割以上の男性が、女性よりも多く支払っていると回答しました。この結果は、女性のみなさんの感覚と一致しているのでしょうか? では、それぞれの理由を見ていきましょう。

■自分がおごることが多い
・「甲斐性だと思っているから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「女性に払わせて嫌われたら、かなわないから」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「いい印象を与えたいので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

女性と食事に行くと決まった段階で、自分が支払うと決めている男性の意見です。理由は、男のプライドや甲斐性、それが当たり前という価値観のようですが、スマートに支払いを済ませてくれる男性が魅力的なのは事実ですね。

■多めに支払うことが多い
・「全額出すほど懐は広くないため、多く払って見栄を張りたい」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「自分のほうが食べる量も多いので。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)