0

コーヒーが口臭の原因に?そのメカニズムと対策

2016年1月8日 23時10分 (2016年1月9日 07時29分 更新)

コーヒーと口臭にはどのような関係があるのでしょうか。

コーヒーを飲むとなぜ口臭が強くなるの?

コーヒーの焙煎成分が舌の表面に付着することで、舌苔(ぜったい)と呼ばれる白い付着物が着色し、独特の臭気を発生させます。また、酸性が強いとバクテリアが増殖しやすくなり、口臭につながるといわれています。コーヒーを味わったときの酸味こそ、酸性である証です。さらに、コーヒーに入れるミルクにも原因があります。ミルクに含まれるタンパク質は、口内で分解されるときに揮発性硫黄化合物、すなわち口臭成分を発生させるのです。その他に、空腹時のコーヒーは、カフェインにより胃が活性化され、胃液が大量に分泌し、口臭につながります。

すぐできる!コーヒーからくる口臭の対策

では、コーヒーを飲んだことによって起こる口臭にはどのような対策があるのでしょうか。まず、第一に、コーヒーを飲む回数を減らし、濃度を薄くすることです。次にミルクや砂糖を控えめに、できればブラックで飲むようにすれば、あの独特なにおいを抑えることができます。コーヒーを飲み終えたら水を飲むこともおすすめです。

また、口に水を含み、水分がある状態で、舌を上あごにこすりつけ、舌表面のにおい成分をとるのです。キシリトールガムを噛むのもよい方法です。コーヒーによって酸性になった口内の環境をもとに戻してくれる作用があるからです。

コーヒーの口臭を改善する舌磨き

コーヒーを飲んだあとに舌磨きをするのもおすすめです。コーヒーの豆の微粒子は、舌専用のブラシで除去できます。食事のあとに歯磨きを行うのと同様に、コーヒーを飲んだあとは舌磨きを行うことを習慣づけていきましょう。

コーヒーが口臭予防になることも

飲むタイミングによっては、コーヒーが口臭予防になることをご存知でしたか。たとえば、口が臭くなる食材の代表格であるニンニクを食べたときに、コーヒーの力でこの口臭を取り除くことができるのです。なぜなら、ニンニクのにおいの原因物質であるアリシンを消臭する成分が、コーヒー豆に含まれているから。コーヒーを飲むより、コーヒー豆を5粒ほど噛んでから口をすすぐと、さらに効果が期待できます。

コーヒーによって起こる口臭の対策は、すぐにできそうなことばかり。一度試してみてはいかがでしょうか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品