実家暮らしの社会人に聞いた! ズバリ、家に入れているお金はいくら?

2016年1月13日 06時41分 (2016年3月6日 23時32分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
就職しても家から通うメリットはお金が貯まりやすいこと。生活費がかからないので、自由に使えるお金も多い傾向にあるでしょう。ですが実家にいるからといって生活費を払わなくていいというわけでもありません。毎月家に入れている生活費の金額を、社会人の女性に聞いてみました。

Q.実家暮らしで、家に入れている生活費はいくらですか?
1位「3万円以上5万円未満」43.0%
2位「1万円以上3万円未満」26.3%
3位「5万円以上7万円未満」13.6%
4位「1万円未満」13.2%
5位「7万円以上10万円未満」2.7%
6位「10万円以上」1.2%

1万円~5万円を家に入れている人が多いようです。それぞれの理由を見てみましょう。

■食費または家賃相当分
・「3万円以上5万円未満/一人暮らしした家賃くらいと思うので」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「3万円以上5万円未満/食費や光熱費などを考えたらこのくらいが妥当だと思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「3万円以上5万円未満/食費、住居費などこれくらいは考える必要があると思う」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

実家にいるとご飯は親が作ってくれて、寝るための部屋もあり、駐車場代もかからないなど、たくさんの恩恵があります。ですがそれらを、もしも一人暮らしをしたらという仮定して考えてみると、やはりこれくらいの金額は収めるべきかもしれません。

■お金よりも大切なこと
・「1万円未満/お金ではなく家事等のサポートで十分だと思うから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「1万円未満/給料が低いから、入れなくてもいいと言ってくれている」(31歳/電機/事務系専門職)

・「1万円未満/将来のために貯めておけ、と言われて一銭も入れていなかった」(31歳/医療・福祉/専門職)

親の愛情を感じるコメントですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)