0

今、冷え性さんの間でブームの「靴下4枚重ね履き」の方法

2016年1月19日 17時58分 (2016年1月22日 09時03分 更新)

 今、ひそかにブームになっている靴下の履き方があるそうな。

 自宅やオフィスでじーっとしていると、なんだか足元が寒く、足の冷たさを感じる人も多いこの季節。

 そんなあなたに今、ひそかにブームになっている靴下の履き方をお教えしましょう。

 その方法とは、冷えとりのために“重ね履き”するテクニック。昔から、五本指ソックスが良いといわれてきましたが、この「冷えとり靴下」は、五本指ソックスと普通のソックスの両方を使用します。

 冷えを解消するには、とにかく下半身を温めることが有効といわれていますが、冷えとり靴下は、基本的に4枚を重ねるというのが基本ルールです。

 まずは1~2枚目は五本指ソックスを履き、3~4枚目は普通の形のソックスを履きます。そこで大事なのはその素材。1枚目は絹。デトックス効果があるのだそう。そして2枚目は綿かウール。1枚目で排出された汚れや湿気を吸収します。そして3枚目はまた絹。これは、2枚目の靴下から汚れや湿気を受け取るそうで、4枚目の綿かウールの生地に渡します。

 絹の靴下は薄手なので、4枚でもそれほど気にならないともいわれています。ぜひこの冬、あなたも4枚重ね履きして冷えとりを狙いましょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品