0

カフェインレスのコーヒー【デカフェ】で美味しくダイエット!

2016年4月13日 09時56分 (2016年4月21日 09時22分 更新)

カフェインレスな飲み物・デカフェって知ってる?


妊娠している女性や、夜寝られない女性は避けている「カフェイン」。なぜ、カフェインを避けるのでしょうか?

【カフェインを避ける主な理由】
・貧血になりやすい
(カフェインは鉄分の吸収を阻止する可能性があると言われているため)
・女性ホルモンの分泌を高めてしまう
(分泌過多になると言われており、ニキビなどの肌荒れにつながる)
・血圧が上がってしまう
(カフェインの常用で血圧が4~13mmHgほど上昇する可能性がある)
・胃が荒れやすくなる
(胃酸の分泌を促進するので、空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸が出すぎてしまい胃が荒れてしまうことがある)
・睡眠障害
(交感神経が興奮した状態になりやすいため、寝られなくなる場合がある)
・シミを濃くする可能性がある
(メラニン色素を拡散させる作用があり、色素沈着が悪化してしまうことがある)

など、以上のような副作用があるからです。しかしコーヒーには、ポリフェノールが含まれていてアンチエイジング効果としては、取り入れたいものですよね。ここで、ご紹介したいのが、カフェインレスコーヒーの【デカフェ】です。

【デカフェってなに?】
本来カフェインを含んでいる飲み物からカフェインを取り除いたもの、またカフェインを添加する飲みものにカフェインの添加を行わなかった飲み物のことを言います。カフェインが含まれる飲み物として一般的なのが、コーヒーや紅茶です。

デカフェはカフェインは含まれませんが、ポリフェノールは含まれたままなので、アンチエイジング効果は期待できます。では、このデカフェのコーヒーを飲んで、美味しく健康的にダイエットする方法をご紹介いたします。

カフェインレスのデカフェで美味しくダイエットしよう


ここでは、コーヒーのデカフェで美味しくダイエットする方法をご紹介いたします。

【時間帯】
・運動や入浴の30分前
代謝が上がる運動・入浴前に飲みましょう。脂肪燃焼を促進してくれます。カフェインレスといっても、夜遅くの摂取はおススメしません。

【量】
・200~350ml
利尿作用があるので、身体に必要な水分まで排出されてしまっては大変です。量を守って飲みましょう。

【飲み方】
・ブラック
・ホットよりアイス
ダイエットなので、なるべくローカロリーになるようにしましょう。ミルクはカフェインを抑える効果があるのですが、せっかくカフェインレスのデカフェなので、ブラックで!そして、ホットよりアイスの方が代謝を上げてくれるのでよりダイエット向きです。

いつものコーヒーをデカフェに変えるだけで簡単にダイエットになります。ぜひお試しください。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品