0

脱毛サロンはどう選ぶ?ネットで実情はわからない

2016年7月22日 16時11分 (2016年8月3日 18時12分 更新)

写真はイメージです

<脱毛の基礎知識・その3>

 値段をとるか、技術をとるか。それとも雰囲気? 脱毛サロンの選び方は難しいものです。最近ではワンコインから脱毛できるサロンも増えていますが、そんなに安いところで大丈夫なものか……。

 今回は“脱毛サロンの選び方”を考えます。

◆脱毛技術に違いはある?

 皮膚科医・美容ジャーナリストの岩本麻奈さんは、「大手ならどこも技術力にあまり差はないはずですが」と言います。

「脱毛サロンは、現在ほとんどが『光脱毛』。光をあてて毛根にダメージを与えることで脱毛を促す施術です。機械の出力設定の指導さえちゃんとしているサロンなら、さほど差はないと思います。

 ただし、永久脱毛ではないですし(これは厳密に言えば医療用脱毛レーザーも同様)、効果は個人によって違いが出ます」(岩本さん)

 出力レベルが高いほど脱毛効果も高い代わりに、火傷などのリスクも高まります。大手のまともなサロンなら無茶な出力設定はしないはずですが、一部のいい加減なサロンには要注意です。

◆自分の脱毛ニーズに合っているか

 全身脱毛したいのか、気になるパーツだけでいいのか、まず自分のニーズを整理しましょう。

・全身脱毛専門サロン

(大手ではシースリー(C3)、ラ・ヴォーグ、キレイモ(KIREIMO) など)

・部分脱毛を選べる

(大手ではミュゼプラチナム、脱毛ラボなど、いろいろある。まずは脱毛したいパーツの料金を比較してみよう)

◆信頼できるサロンをどう選ぶ?

「長年続いているサロンは、信頼性のひとつの目安にはなりますね。トラブルが多ければ潰れてしまいますから」(岩本さん)

 大手だと「銀座カラー」が創業23年、「ジェイエステティック」が創業37年の歴史があります。

 でも、それ以外の指標で、信頼性ってなかなか見えないですよね。

「口コミサイトは、あまり参考になりませんね。そのサロンしか経験のない人が書いていれば他サロンと比較はできないし、同業他社が書き込んでいる可能性だってありますし。

 一番いいのは、親しい人からの生きた情報だと思います。あとは電話の応対だったり、実際にお店に行ってみたときの応対だったり。相性の問題でもあるので、部位別コースがあるなら試しに一カ所施術を受けてみて判断するのもいいと思います。

 また、リスク管理も大事です。火傷・炎症など副作用が発生した時の治療費負担のこと、契約期間の延長、あるいは破棄、などもチェックしておくとよいでしょう」(岩本さん)

◆ネットではわからない、行って聞くほうが早い

 となると、ワンコイン脱毛から始めてみるのもアリなのかも。

 でも、「ワキが激安だと聞いて行ったら、他のパーツは割高だった」といった話もよく聞きます。“自分に合ったサロンか見極めに行く”ぐらいの気持ちで、まずは無料カウンセリングに行くのが手取り早そうです。

 筆者の経験だと、「一万円で毛が生えなくなるまで通い放題」というサロンに通ったことがあります。

 実際に通い放題で、技術にも問題はなかったのですが、「5分遅刻をすると1000円罰金」という規定があることが、後々になって発覚。何度か遅刻をしてしまい、さらにサロンの場所が自宅から遠かったため、「交通費もかかるし、遅刻すると罰金だし」ということで、自然と通わなくなってしまいました……。

 個人的には、“通いやすさ”はサロン選びの重要なポイントのような気がします。サロン選びの際には、契約書はとくに隅々まで目を通し、腑に落ちないところは確認し、遅刻規定など細かいところまでチェックしてくださいね。

岩本麻奈さん】

1964年生まれ。皮膚科専門医、一般社団法人日本コスメティック協会(http://www.j-cosme.org/)代表理事。現在は、日本とフランスを行き来しながら活動中。著書は『生涯恋愛現役 女のセンシュアル・エイジング入門』など多数。美容クリニック「ナチュラルハーモニークリニック」顧問(http://natucli.com/)

<TEXT/尾崎ムギ子>

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品