0

1位のプ女子女優は?6位マツコ「実はプロレス好きで驚く芸能人」TOP10

2017年2月13日 17時40分 (2017年2月23日 07時05分 更新)

ここ数年、プロレスの熱狂的な女性ファンを表す“プ女子”という言葉が使われて話題になっています。


今プロレスは、男女ともに楽しめる格闘技として注目されています。大人しそうな女性がプロレス好きだと意外なギャップを感じますよね。


そこで今回『VenuTap』では、一般男女500名に「意外なプロレス好き芸能人」について独自アンケートを実施。あの人気女優が“プ女子”であることが判明しました……! 早速結果を見ていきましょう。




■ ■3位:眞鍋かをり(11.6%)


3位はタレントの「眞鍋かをり」。


「インテリな印象が強いから、格闘技が好きそうには見えなかった」、「スポーツよりも資格とか勉強に興味ありそう」、「学級委員的なイメージあるし、汗や筋肉が“苦手”とか言うタイプかと」といった声を集めました。


横浜国立大学卒業でクイズ番組などでその地頭の良さを発揮。勉強好きでインドアなイメージがあり、格闘技好きを意外だと思う人が多かったよう。



じつは『はくがぁる』(テレビ朝日系)などのテレビ番組で、“プ女子”であることを公言しています。


しかしネット上では、「眞鍋かをり、プロレスのこと全くつぶやかないのな。その程度なのかな」、「眞鍋かをりはプロレス好き、は営業的なものだけだな」、「トップアイドルがプロレスファンになることは嬉しい。眞鍋かをりみたいにフェイドアウトしないでね」と、“ビジネスプ女子説”も浮上。


妹に紹介してもらったVim+Bapさんの衣装で収録してきます


Vim+Baphttp://t.co/LKeKzNFDG4 pic.twitter.com/RpYdyBXc0o http://t.co/DEP39Xo6iv


— 眞鍋かをり (@KaworiM0531) 2014年5月26日



眞鍋かおりさんが昨日のDDT後楽園を観戦!@bed_in1919: 本日はプロレスの聖地・後楽園ホールへ♡激マブな眞鍋かをりさん&妹さんとDDTの試合を姦戦させて頂きました!
pic.twitter.com/48ymtMwFOR


— エヌヒト(プロレス・ブロガー) (@enuhito) 2014年11月30日



真偽はわかりませんが、現在はTHE YELLOW MONKEY吉井和哉との間に生まれた子の子育てで忙しく、趣味まで手が回らないのかも!?


いずれにしても、テレビで熱く語っているだけにプロレスに興味はありそう。今後の露出の仕方次第で、本物の“プ女子”かどうかが判断できそうですね。




■ ■2位:原辰徳(12.8%)


2位に選ばれたのは、元プロ野球選手で読売ジャイアンツの元監督「原辰徳」でした。



「野球専門なのかと思ってた」、「巨人一筋のイメージだったから意外」、「普段からスマートな感じだから、プロレスを応援する姿が想像できない」と、“野球”のイメージが強いことからプロレス好きという印象にギャップを感じた人が多かったようです。


じつは、スポーツファンの中では有名な話のようで、原辰徳は“野球選手でプロレス好き”の代表格的な存在とのこと。


巨人でプロレスファンというとやっぱり原辰徳かな。ちょっと検索しただけでこういう素敵な写真が(笑) pic.twitter.com/8Qt3SSJBV2


— スモウケル (@twinpeace4912) 2017年1月31日



さらに、プロレス中継のゲスト解説の経験があるくらい造詣が深いそう。巨人軍の監督を任されるほどのトップクラスの元野球選手が他のスポーツの解説をするというのは、驚きの光景ですよね!


ジャイアント馬場の訃報を当時のキャンプ先で聞いたとき、報道陣の前で涙したというほどプロレス愛が強い原辰徳。監督業を次世代に引き継いだ今、ぜひそのプロレス知識を活かして、今後もレアな解説者の姿を見せてほしいものですね。




■ ■1位:二階堂ふみ(14.8%)


最もプロレス好きが意外に思われていたのは、女優の「二階堂ふみ」でした。



「若いのにプロレスに興味を持つとは渋い!」、「文化系女子のイメージだから、趣味もそーいう感じかと思った」、「観戦中のイメージがわかない。絶叫したりするのかな?」と、文化系女子で演技派女優という印象から“プ女子”のイメージがなかったという意見が多く見られました。


世界まる見え!ふかいい~!しゃべくりせぶん! ありがとうございました。しゃべくりでは大好きvalentino @redvalentino 着たです #烏龍茶が似合うんだなまたこれが styling by chie ninomiya @eieioieie


Fumi Nikaidoさん(@fumi_nikaido)が投稿した写真 – 2016 5月 23 6:47午前 PDT



二階堂ふみは過去に自身のTwitter(現在は閉鎖中)でプロレスTシャツ姿をアップし、“プ女子”であることが判明。また、プロレスラー御用達でプロレスファンが集まるステーキレストランの常連客でもあるそうで、かなり熱狂的な“プ女子”なようです。


意外な印象ですが、若い世代にプロレスの魅力を広める立役者になってくれそうですね。


時代が追いついた!RT @thekobayashiyu: 女優・二階堂ふみちゃんが、何かの間違いで着ている、スーパーササダンゴマシンのTeeシャツは、ササダンゴ商会でご購入いただけます。 pic.twitter.com/qaBl4i9URN


— BABA (@BIRUBIRU7) 2015年7月28日



二階堂ふみさんも新日好きなのかー!世の中の二階堂さんはみんなプロレス好きなのかな(*^^*)ジャニーズのキスマイ?の二階堂さんも好きなのかな(*^^*)二階堂会議ひらきたい(*^^*)


二階堂綾乃 (@nikaidoayano) 2013年6月2日





■ ■幅広いファン層を持つプロレスの世界


ベスト3を振り返りましたが、10位までのランキング結果は以下の通り。


<プロレス好きと聞いて意外に思う芸能人ランキング>

4位・・・6代目 三遊亭圓楽(7.4%)


5位・・・春風亭昇太(7.2%)


同率6位・・・マツコ・デラックス(6.8%)


同率6位・・・滝沢秀明(6.8%)


8位・・・染谷将太(5.4%)


同率9位・・・倉持明日香AKB48)(4.6%)


同率9位・・・有吉弘行(4.6%)


イケメン俳優や落語家など、ファン層はかなり幅広いよう。どんな人にも愛されるプロレス、がぜん興味がわいてきます。


プロレスの魅力について、『VenusTap』の過去記事「眞鍋かをり、菊池凛子も!プロレスにハマる“プ女子”急増の理由とは」によると、個性豊かなプロレスラーを身近に感じられ、漫画のようなストーリー性のある試合展開、そして選手同士の闘いを見て、明日への活力をもらえるのだとか。


少しでも興味がわいてきたら、人生に一度は試合観戦に行ってみてもいいかもしれませんよ!



いかがでしたか? 意外な趣味があると、いいギャップになって初対面でも会話が弾むもの。ときには知らない世界に飛び込んで、新たな趣味を模索してみてはいかがでしょうか?



【画像】 Licensed by Getty Images

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品