0

彼女にはしたくない…男が「美人だけどないな」と思った瞬間3つ

2017年3月12日 21時00分 (2017年3月14日 11時45分 更新)

美人といえば、その容姿から男がホイホイ寄ってくると思われがちです。しかし、美人な女性の全員がモテるというわけではありません。どんな美貌を誇っていても、男性たちに“あるポイント”でNGを出されてしまうと、「美人だけど、彼女にしたくはないな」と判断されてしまうのです。それは一体どんなポイントなのでしょうか? 20代男子に聞いてみました。

1:美人…だけどぽっちゃり

「合コンに美人が来たんですよ。大興奮で、その子を口説こうとしたんですけど、よく見ると、けっこうデブで……」(Aくん、27歳/会社員)

まるで読者モデルのように整った顔をしていたという、その美女。でも、その美人がトイレに立った際、「あれ、おかしいな」と思ったら、顔を見て想像していたよりも、身体つきがぽっちゃりとしていたのだとか。

顔は美人だけど、スタイル悪い

「その美人の隣に座っていた子が、顔はまぁまぁなんですけど、かなりスタイルが良くて、美人がスタイル悪いのに気づいてから、その隣の子に狙いを切り替えていきましたね」(Aくん)

なんて贅沢なことをを言っているんでしょうか。顔が良くて、スタイルもいいなんて……モデルか芸能人ですよ、それ。

しかし、Aくんの体験談からは一つの教訓が見出せます。

たとえ顔がどんなに整っていても、プロポーションにまで意識を行き渡らせておかないと、顔が美人でも男性にはモテないということです。

逆に顔は普通でも、スタイルが良ければ、男性からはモテるということです。“バランスは大事”ということでしょうか。

2:美人…だけど酔うとギャル喋り

「友人の紹介で食事をしていて。その子、すごい美人だったんですけど、お酒が回ってくるとだんだん喋り方がギャルみたいになってきて……」(Bくん、27歳/銀行員)

最初の頃は、おしとやかな喋り方をしていたそうですが、お酒が進み、お互いに打ち解け始めると共に、喋り方や笑い方がギャルみたいになったという、その美人。Bくんはそのギャップに「ないな」と感じたのだとか。

アタマ悪そうな話し方に……

「その子、“アタシ~”とか、“超ウケるんだけど~”とか言うんですよ。知的な顔なのに、“そんなアタマ悪そうな話し方するんだ”と思って萎えました」(Bくん)

どんなに顔が整っていても、話し方や行動に“品位”がないと、男性は女性のことを「下品な子だなぁ」と感じるのです。

Bくんのように20代も後半になると、男性は結婚を意識し始めます。“遊び”で付き合う分には構わないのかもしれませんが、結婚を意識した彼女選びをしているのであれば、お嫁さん候補にアタマの悪そうな子を選ぶのはリスキーな行為。

顔だけでなく、振る舞いや教養がないと、男性からはモテないのですね。

3:美人…だけど他人に対してめっちゃ横柄

「自分が美人だからなのか、キャッチのお兄さんに向かって“あっち行けよ”って叫んだり、お店の店員さんへの態度が横柄な子がいました。あれはないです」(Cくん、26歳/会社員)

ドキドキしながら美人とデートした際、その行く先々で彼女の“横柄な態度”が目についたというCくん。結局、その女の子と交際することはなかったのだとか。

横柄な美人はめっちゃ性格悪そうに見える

「今思えば、そこまで横柄じゃなかったような気もするんですけど、やっぱり美人が、ちょっとでも横柄な態度を見せると、美人であることの反動なのか、めっちゃ性格悪そうに見えますよね」(Cくん)

男性は美人に対して、高い理想を抱いていることが少なくありません。“顔が良くて、性格もよくて、スタイルも抜群!”という理想です。

顔が整っているということは、“その中身も立派なのだろう”といった印象を男性に与えることも。その印象が裏切られることで、男性は普段以上にショックを受けるのかもしれませんね。

特に自分の彼女にするのであれば、性格のいい子を選びたいと思うのが男心です。

いかがでしたか? 彼らの話を聞く限り、「美人だから100%モテる!」ということでは全くないようです。本当に男性からモテる女性になりたいのならば、外見だけでなく、やっぱり内面も大事なんですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品