0

「ミュールサンダル」は今年、使える!春~秋にヘビーローテ必至

2017年3月21日 09時00分 (2017年3月21日 09時12分 更新)

ZOZOより

 某有名アパレルセレクトショップ店員のkusumaです。

 春の装いも増えはじめた今日この頃。オシャレは季節を先取りするもので、雑誌ではすでに初夏のスタイルばかり。出遅れないためにも、この春から夏にかけて押さえておくべきサンダルのご紹介をします。

 注目すべきは、「ミュールサンダル」。

 まずミュールとは、かかとの後ろの覆いがなく、突っ掛けて履く女性用の靴のことです。1990年代にもミュールは流行りましたが、つま先が細く、かかとはピンヒールが主流でした。

◆今年のミュールは楽ちん

 でも、今年のタイプは進化版ミュール!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=674664

 かかとのヒールは低めで太いものが多く、足の甲を深く覆った形が今年は多いんです。この形により、長時間歩いても疲れ知らず!

 また、夏はペディキュアを塗っていないと何だかカッコがつかない感じがしますよね? 多くのサンダルはアッパー(靴の底部を除く上部のすべて)の露出が多くつま先もしっかり見え、そこに視線を集めがちです。でも、今年のミュールはアッパーの露出面積が狭いのでつま先に視線を集めないため、ペディキュアを塗らなくても恥ずかしくありません。

◆夏だけじゃない! 春~秋まで履ける

 ところで、一年の中でサンダルって出番が短いと思いませんか?

「夏間近にならないと履けない……」

「秋物が出るとすぐ履けなくなる……」

 と思っている人、多いのではないでしょうか。でも、今年のミュールサンダルは靴下との相性が抜群なので、春先から秋口まで3シーズン履くことができます!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=674742

 彼女ようにシンプルなデザインのものを選べばテイスト問わず履けるので、コーディネートの幅が広がります。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=674743

 ほどよいボリューム感のあるミュールなら、このようにロングスカートと合わせてもバランスがとれます。サンダルで肌の露出が増えても、足の甲が隠れていることで春でも寒々しく見えません。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=674746

 トレンドのデニムとの相性もバッチリ! ワイドパンツのようにボリュームがあるものから、スキニーのようにコンパクトなものまで幅広くマッチするので、一度履いたら病みつきにになりますよ(笑)。

 脚の露出の増減の幅が多い夏のコーデは、洋服と靴のバランスをとるのが意外と難しいんです。でも、ミュールサンダルはそんな悩みを吹き飛ばしてくれる万能アイテム! 今年は一足持っておくと便利ですよ♪

<TEXT/kusuma>

【kusuma】

某有名アパレルショップ店員。ブログ『kusumanot.hatenablog.com』では、女性の体形カバーを追求して良いものだけを紹介、日々のコーディネートなども発信している。

instagram:@KUSUMA1116
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品