0

炭水化物を抑えてくれる!サラシア茶で食べながらダイエット

2017年4月18日 18時00分 (2017年4月24日 05時21分 更新)

ダイエットにいいサラシア茶って?


黒豆茶や杜仲茶などダイエットにいいと言われているお茶が様々ありますが、今回紹介するお茶は、世界保健機構(WHO)に効能が認定されているというサラシア茶です。
WHO認定と聞くとなんだか効果がありそうなイメージがありますよね。
サラシア茶は元々インドで自生する植物で、飲むだけで血糖値を下げてくれる健康茶としてアーユルベーダで古来より飲まれていたそうです。
このサラシアの幹を乾燥させて煎じたものがサラシア茶で、ダイエットにいいと言われているのです。
また、エピカテキンガレートと呼ばれる抗酸化作用を持つ成分も含んでいるそうです。
そして、サラシアにはサラシノールと呼ばれる炭水化物の消化酵素の働きを抑えてくれる成分が含まれているのです。

サラシア茶の効果


さて、そのサラシア茶ですが、ダイエットにいいと言われている所以とはなんなのでしょうか?
そもそも、食事をすると、体内で糖が分解されてエネルギーとなり、余った糖が脂肪となると言われています。
しかし、このサラシア茶に含まれるサラシノールは、体内で糖を分解する酵素の働きを妨げるため、必要以上の糖を脂肪としてため込ませないようにする働きがあるので、ダイエットに効果が期待できると言われているのです。
また、サラシノールには、糖を分解する働きを阻害するだけではなく、体内に溜まった脂肪を分解する働きもあると言われているのです。
ダイエット効果として2つも嬉しい効果が期待されていますね。
サラシア茶を日常的に飲むのも良いのですが、効果を高めたい場合は食前に飲むのがいいとされています。
糖というと甘いものを連想しますが、ご飯やパンなどの炭水化物も多量の糖が含まれているのです。
そこで、食前にサラシア茶を飲むことで、炭水化物が糖へと分解されるのを防いでくれるのです。
炭水化物を気にせずに食事できるので、ダイエット中には嬉しいですよね。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品