0

【思考をキレイにする旅の仕方(83)】年齢を気にしすぎない

2017年8月18日 21時00分 (2017年8月22日 20時43分 更新)

「もう年だから…」

南米で知り合った女性の口癖でした。

「もう年なんだから、食べられないのよね」「もう年だから、できなわいよ」

年齢を気にして何もかも否定的でした。


そう書くと高齢の方かと思われるかもしれませんが、彼女は、まだ30代。



私の叔父は70歳の時に、ハワイで人生初のスカイダイビングに挑戦しました。


しかも、一緒に飛んだグループの中には85歳のアメリカ人女性がいたそうです。


昔からスカイダイビングをされていた方かと思ったら、その日が初挑戦。


彼女曰く「死ぬまで挑戦」。


歳を忘れるとまではいきませんが、歳を気にすることなく挑戦している方は考え方が若いんですよね。


その話を聞いてから、私は「もう年だから……」と思うことだけはやめようと思い、それは今も守っているつもりです。



不思議なもので年齢を気にしすぎると考え方だけではなく、身体も気力も衰えていってしまいます。



これから人生100年の時代がやってきます。


どうせ生きるんだったら健康寿命を長く、可能な限り挑戦し続けたいものです。


ちなみに先日、105歳でお亡くなりになった日野原重明さんは脂身のないステーキを2日に一度は食べていらっしゃったそうです。



text: 

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品