0

心ゆくまで”泡”三昧! シャンパン尽くしの贅沢ビアガーデン

2017年8月23日 08時00分 (2017年8月24日 07時55分 更新)

ホテルの高層階でシャンパンを飲み寛ぐ非日常の世界

「セントレジスホテル大阪」は、府内で唯一、ミシュランガイドに最高評価で掲載された格式高いホテル。2010年開業で、全室バトラー(執事)サービスが利用できる最上のおもてなしが魅力です。
12階で毎年開催されるビアガーデンでは、カンヌ映画祭公式シャンパンのパイパー・エドシックのほか、ワインやカクテルなども飲み放題。「夏野菜おでん」などの新しい和食が楽しめるレストランとしても人気があり、海外からの宿泊客も立ち寄ります。

珍しいシャンパンのフリーフローは毎年変わる人気銘柄

今年で7回目となるビアガーデンでは、生ビールのほかにシャンパンもフリーフロー(飲み放題)でおもてなし。毎年銘柄が変わり、今年はマリーアントワネットも酔いしれたパイパー・エドシックを和風スタイルの特別な料理に合わせて堪能できます。
カクテル好きには名の知れたブラッディマリーはセントレジスのシグネチャーカクテルと呼ばれ、1934年にセントレジスN.Yで発祥しました。ビアガーデンで飲める、和の香味を材料にしたショーグンマリーは、各国のセントレジスに存在するオリジナルマリーのひとつです。

一日限定20食、希少な「シャンパンラーメン」

思わず感嘆の声が出てしまう「シャンパンラーメン」(1,800円)。一日20食限定の特別なラーメンは、インパクトのある黄金の球体型の器で登場します。蓋を開けると中には泡状になったシャンパンが!
ふんわりした泡が麺に絡んで、全体にすっきりとしたシャンパンの風味が広がります。鮑やトリュフの贅沢トッピングに、見るのも食べるのも驚きの一品です。

季節に合わせて夏は冷製、ヘルシーな「夏野菜おでん」

冷製スープで食べる「夏野菜おでん」(1,950円)は、旬の野菜がごろごろ入った、彩り豊かでヘルシーなおでんです。夏は冷たく、春と秋には温めて季節に合わせて味わえます。
トマト、ナス、カボチャなど、夏野菜の味を引き立てる和風だしが美味しく、さっぱり食べられます。グリルされた香ばしいチキンの食感は、しっとり柔らかで和風テイストのスープと相性抜群です。

都心部の喧騒を忘れられるリラックスした空間

毎年、春から9月末まで長期間開催されるビアガーデン。クラフトビールとすっきりとした味わいのシャンパンのほかにも、オリジナルカクテルやワインも楽しめます。ロマンティックなデートスポットとして特別な日に、会社帰りに非日常を求めて平日の利用もおすすめです。
都会の喧騒を忘れてゆったりとリラックスできる日本庭園でいただく美食は、コースでもアラカルトでも存分に楽しめます。
大阪市営地下鉄御堂筋線本町、7番出口を出てすぐ、御堂筋と本町通りに面したセントレジスホテル内12階にあるシャンパン&ビアガーデンテラスです。心地よい風を感じる地上50mの日本庭園で、美酒と美食に酔いしれる、心に残る特別な夜を過ごしてみませんか?

イベント情報

  • イベント名:セントレジス シャンパン&ビアガーデンテラス
  • 催行期間:2017年04月22日 ~ 2017年09月30日
  • 住所:大阪府中央区本町3丁目6-12 セントレジスガーデン12F
  • 電話番号:06-6258-3333 (ホテル代表10:00~20:00)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品