0

グルテンフリーの食事で痩せる?その効果とは?正しい実践法

2017年9月21日 18時00分 (2017年9月28日 17時43分 更新)

グルテンフリー食事法とは?


グルテンとは、小麦粉などに含まれているタンパク質の1種で、粘り気や弾力などを作っている成分です。小麦粉といえば、パンやピザ、パスタなどが頭に浮かぶと思いますが、シリアルやお菓子、お醤油などにも含まれていることがあり、一般的な食事をしている日本人であれば、毎日、何らかの形で摂取していると考えられています。

そういった食材からグルテンを除去した食品のことを「グルテンフリー食品」と呼ばれており、グルテンフリーの食品だけを使ったり、グルテンが入った食材を摂らないようにする食事法のことを、一般に「グルテンフリー食事法」といわれています。

グルテンフリーダイエットは効果ある? 小麦アレルギーとの関係は?


「グルテンフリーダイエット」というダイエット法を耳にした方も多いのではないでしょうか。

これは、グルテンが含まれる小麦粉を使った料理を除去するダイエット法です。カロリー高めのピザやパスタ、パン、うどんなどを避けるため、一日の摂取カロリーが自然と減り、一定のダイエット効果が期待できるといわれています。

ただ本来は、「痩せるための食事法」というより、小腸でグルテンに対して過敏に反応してしまう体質の方(グルテン過敏症)、グルテンをうまく消化できない体質の方(グルテン不耐症)が、グルテンを除去した食事に変えることで、さまざまな体調不良を改善させるための食事療法が始まりとされています。

ですから、医師の指導など受けずに自己流で極端なグルテンフリー食事法を実践してしまうと、摂取カロリーを極度に減らし過ぎてしまったり、栄養が偏ったりといった健康被害が出る可能性もあるそうなので、実践する際は、バランスの良い食事でフォローすることがとても重要だそう。

また、一般にグルテンというと小麦に含まれるというイメージから、小麦アレルギーと混同されがちですが、小麦アレルギーとグルテン不耐性などが必ずしも同時に起こるわけではないそうなので、小麦アレルギーとは別のものと考えられています。

グルテンフリーダイエットの上手な実践法


日本にある玄米は、グルテンフリーダイエットの強い味方で、おすすめ食材の1つといわれています。またグルテンフリーダイエットでは、魚やお肉、野菜や果物などをバランスよく積極的に食べて良いとされているので、日本人には取り掛かりやすいダイエット法の1つともいわれています。

始めの数日間は、パンやピザ、ファストフードなどが無性に食べたくなる禁断症状にも似た感情に陥ることがあるそうですが、そこを乗り越えると、「体が軽い」「何となく調子が良い」といったダイエットとは別の嬉しい効果が出てくる人も多いそう!まずは、玄米など身近な食材から取り入れてみてはいかがでしょうか?

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品