0

100種類を超える本場のメニュー!専門店でいただくオモニの味

2017年9月22日 21時48分 (2017年9月23日 16時55分 更新)

韓国に来たかと錯覚を覚えるような空間

店名が大きく描かれた看板が目を引くお店の「玉一本店(タマイチ ホンテン)」は、中に入るとそこはまるで韓国のお店の様。その秘密は、装飾品や座布団。

韓国から取り寄せたものを使っているため、韓国に旅行に来たかのような錯覚を覚えるのでしょう。座敷席だけでなくテーブル席やカウンター席、掘りごたつの席もあるため、様々なシーンで利用したいお店です。

1988年の創業以来、大阪で人気を集める韓国料理店

1988年にオープンした「韓国料理 玉一 本店」。オーナーの娘さん達の名前から1文字ずつとって、「玉一」と名付けられました。本店の人気に火が付いたため、座敷席を増やして現在の形になりました。

また、池田町にイサク店、天神橋に天五店がオープン。なお、イサク店の名前は、オーナーの奥さんがキリスト教信者であることから、「イサク」という名の聖書に登場する聖人の名前が付けられています。

様々な食感と、豊かな風味が味わえる「海鮮チヂミ」

「海鮮チヂミ」(800円)は、お店が太鼓判を押す人気メニュー。外側はパリッと焼き上げられており、中はふっくら、もっちりとした食感が楽しめます。使用されている海鮮は、プリプリのエビにタコ、ホタテと盛りだくさんです。

色味が綺麗な名脇役の細ネギが、味のアクセントになっています。風味豊かなチヂミは、玉一を訪れたら味わいたい逸品。

食べれば大満足「サムギョプサル 豚の三段バラセット」

「サムギョプサル 豚の三段バラセット」(2,000円)もお店の人気メニューです。お皿の上には豚肉の他に、エリンギや玉ねぎ、にんにくが盛られています。お店の方が始終焼いてくれるため、一番おいしい焼き加減でいただけるのが嬉しいもの。

サニーレタスやサンチュの上に、豚肉と焼いた野菜を乗せ、味噌を少し付けていただきます。豚肉からは余分な脂が落ちるので、カロリーを気にする女子にもオススメ。葱サラダや玉子をたっぷり使った茶わん蒸しも付くので、食べれば満足できることでしょう。2人前から注文が可能です。

気分はまるで韓国旅行! 本場の味が楽しめるお店

本場韓国の味が楽しめる「玉一」は、週末の夜には多くのお客さんで混み合います。しかし、平日の昼間は空いているので狙い目です。100種類を超えるバラエティーに富んだメニューは、どれも絶品。

本場の雰囲気が漂うお店で手間を惜しまず作られる料理を食べ、マッコリを飲めば、韓国に旅行しているかのような気分を味わえることでしょう。

地下鉄谷町線「天神橋筋六丁目駅」から、徒歩3分ほどの場所にあります。12番出口を出て「コメダ珈琲店」と「フジモト眼科」の間の道を直進し、3つ目の角を右折すると、お店が見えてきます。あなたも本場韓国のオモニの味に舌つづみをうちませんか。

スポット情報

  • スポット名:韓国料理 玉一 本店
  • 住所:大阪府大阪市北区池田町17-4
  • 電話番号:06-6353-8686

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品