0

彼氏なのに「LINEも電話もダメ」って!わたし、知らない間に不倫してた…?

2017年9月22日 08時47分 (2017年9月22日 09時25分 更新)

 最近、不倫問題がワイドショーで話題になっています。

 不倫女性の中には、相手が既婚者と承知の上で交際している女性だけではなく、例えばベッキーがそうだと言われていますが、知らぬ間に不倫してしまった女性も少なくありません。

 今回は、私の「知らぬ間に、不倫相手にされていた」「不倫相手にされそうだった」経験談を紹介します。

◆ショートメールでしか連絡出来ない…既婚者疑惑のあった元カレ

 合コンで知り合った元カレは、東山紀之風の爽やか好青年でした。

 出会った当初、「はじきちゃん、結婚願望ある?」と言われたので、結婚前提で私に交際を申し込んでくれたんだと思い、当時は彼に疑う余地など微塵(みじん)もなかったのです。

 しかし、いざ交際がスタートしたところ、彼との連絡はショートメールでしか許して貰えず、「LINE交換しよう」と言えば、「LINEは個人情報がダダ漏れだから危険だよ。僕はLINEは使用しない。携帯電話のアドレスも登録方法がわからないから、ショートメールしかできない。」と言われたのです。

 ショートメールだけではあまりに寂しいと思った私は、「せめて電話がしたい」と彼に伝えました。

 すると、「僕、電話が嫌いなんだ。僕への連絡は、全てショートメールにして。」と釘(くぎ)を刺されてしまいました。

 友人に彼の事を相談すれば、「それ、絶対既婚者だよ。ショートメールしか連絡取れないなんておかしいもん。」と言われる始末。

「いや、そんな筈ないよ。」と友人に言えば「じゃあ、いつ結婚するか確認してみたら」とアドバイスされました。

 早速、私といつ結婚するのかと彼に聞いてみると、「まだ結婚するには自信がない。」と言われました。当時の彼の年齢は37歳。疑いたくなんてなかったけど、彼に対する既婚者疑惑はさらに募(つの)るばかり…。

◆カレの携帯の着信履歴には、本人と同じ苗字の女性の名前が並んでいた

 そんなある日、彼の携帯に何度も電話がかかってきているのを目撃。

 ふと彼が携帯の着信履歴を見ている所をのぞき込むと、画面一面ブワーッと彼と同じ苗字の女性の名前が連なっていたのです。

「この人は誰?」と聞くと「妹だよ。」と答える彼。

 しかし、妹からこんなに何度も電話など日中にかかってくるものなのでしょうか? やはり、友人の言う通り既婚者なのでは…? ますます不安が募ります。

 その後、居ても立っても居られなくなった私は「半年以内に結婚してくれないと別れる」と彼に迫りました。すると翌日、彼から連絡があり「別れよう。」と言われ、交際は終焉(しゅうえん)を迎えました。

 今思えば、彼は友人の言う通り本当に既婚者だったのかもしれません。「親に会わせて欲しい」と言えば「しばらく待ってほしい。」と延期されてばかりでした。もし既婚者ならば、もう一度親に女性を紹介なんて出来る訳ありませんよね…。

 ベッキーも「彼が結婚していた事を、後で知りました。」と言っていたように、今、彼の交際時の行動を振り返ると怪しい事ばかりだったので、やはり友人の言うように既婚者だったのでしょう。

 さて、次は既婚者男性に堂々と不倫相手にされそうになった経験を紹介します。

◆「俺の駒=愛人の1人にならないか?」

 合コンで知り合った、西島秀俊似の超イケメン。

 デートに誘われたので行ってみると、

「俺は、もう本気の恋愛をする気はないんだよね。でも、女性は好きだから沢山の愛人には囲まれていたい。君には、愛人の1人になって欲しいんだ。」と言われました。

 私がその誘いを断ると、「女は、将棋の駒(こま)みたいなもの。一つ欠けても、次の駒が勝負してくれる。俺には、変わりの駒は幾らでもいるから気にしないで。」と笑顔で言われました。

 彼にとって、女は将棋の駒に過ぎなかったのです。そのデートの後、彼とは音信不通になりました。

 その後、彼と同じ職場の子にこの話を伝えると

「えっ、まさか彼に会ったの? 大丈夫? 彼、バツイチだけど2回目の結婚してて子持ちだよ。凄くモテるし、周囲には女が一杯いて遊んでる人だから気を付けて!」と、真っ青な顔で言ったのです。

 危うく、知らぬ間に愛人にされそうになっていたのかと思うと震えました・・・。

◆知らぬ間に愛人にならないために

 既婚者男性は、少し本当の事を言って、少し嘘を言います。その為、何が本当で嘘か判断するのが難しいです。ただ、少しでも怪しいと思ったら友人に相談してみましょう。

 また、既婚者疑惑のある男性と交際している場合は「いつ結婚してくれるの?」と結婚を迫って白黒はっきりつけさせてしまいましょう!

―シリーズ浮気の結末 vol.2―

<TEXT/多良はじき イラスト/鈴木詩子

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品