0

不倫してしまったら、今後の恋愛で最初に考えるべき7つの可能性

2017年10月4日 19時30分 (2017年10月20日 16時09分 更新)






不倫の深刻なダメージとは…


不倫してしまったら、どんなに彼との恋愛が楽しくても、不安にとらわれることも多いでしょう。不倫中の恋愛が不安なら、”今後訪れるかもしれない可能性・リスク”について認識しておくことも大事です。いまの状態に少しでも不安があるのなら、考えるべき7つのことがらをまとめました。


不倫の恋愛によって将来受ける深刻なダメージ


不倫の苦しみよりも…

不倫によって独身女性が受ける最大のダメージは、「婚期が遅れる(可能性が高くなる)」ということ。しかし、それだけではありません。忘れてならないのは、女性に比べて男性はとても保守的、コンサバであるということです。


独占したい気持ちが強い男性は、付き合っている相手の過去の恋愛を、女性よりも気にする傾向があります。そのため、あなたが不倫をしていたことが、それ以降の恋愛に影を落とす可能性があるのです。

「不倫をしていたことなんてバレないでしょ」と思うかもしれません。しかし、後に詳しくご説明しますが、独身男性は「不倫臭」を嗅ぎ取ることができるのです。


不倫以外でも注意しておきたいこと


知られないほうがいいのは不倫だけではありません。自分が浮気していた、遊ばれていた、援助交際の経験、豊富な経験男性の数、どんな男性と恋愛していたかなど、過去の恋愛を正直に男性に打ち明けるのは辞めましょう。男性はあなたの過去ではなく、あなたと明るい未来を一緒に見たいと思っているのです。


不倫によるダメージやリスクなど知っておきたい7つのこと








1. 不倫は割り切れなくなり、ズルズル続けてしまう


不倫など、未来のない不毛な恋愛をする女性は多く、そのほとんどが、最初は楽しいと思っているでしょう。しかしそれはやがて、「(不倫をしても)楽しくないのに、やめられない」という依存症のような状態になるのです。


最初は割り切った恋愛関係と思っていても、割り切れなくなるのが不倫です。不倫はギャンブルのようなもの。ギャンブルは時間とお金を費やせば費やすほど、元を取り返すまで辞められなくなってしまいます。

不倫も、彼と過ごす時間と労力を費やせば費やすほど、彼が離婚して自分の物にするまで辞められなくなってしまいます。

そしてあなたがズルズル不倫している間、婚活市場でのあなたの価値は大暴落してしまうのです。


2. 独身男性とのパートナーシップが築きにくくなる


不倫は、男性にとって最高の疑似恋愛です。不倫をしている間、罪悪感や後ろめたさから男性はあなたにとても優しく接します。でも、それは本当の彼ではありません。本当の彼は、“彼の家族と一緒にいる彼”なのです。


不倫男性特有のスマートな優しさと包容力に慣れてしまうと、独身男性との恋愛では物足りなくなったり、面倒くさくなってしまいます。


3. 独身男性は「不倫臭」を嗅ぎ取る








男性はふとした時に、女性が過去の恋愛に不倫の経験があることを感じ取ります。

例えば、彼女の年齢に不相応のブランド品やジュエリーを持っていたり、趣味(ワイン、ゴルフ、絵画、骨董品、オペラ、観劇などお金がかかるもの)や都内の高級ホテル、レストラン事情にやけに詳しかったり…。


自分がいいなと思い、デートしていた女性が、不倫の経験があり、他の男性の二番手であったとしたら?決していい思いはせず、その女性を大切にしようとするモチベーションは下がるでしょう。下がる感じ方は様々で、人間として尊敬できなくなったり、彼女の過去を気にする自分に自己嫌悪して、結局彼女と一緒にいるのが苦痛になったり。


もちろん、「不倫していた女性は絶対にあり得ない」という男性もいれば、中には「過去の恋愛は全く気にしない」という男性もいます。

しかし、結婚を考えているなら、過去や現在、不倫をした経験がある人は、不倫によって身に着いた振る舞いや大人の色気、知識や情報を男性の前で見せないようにし、年齢や身の丈にあった自分で接したほうが、結婚の可能性が高まるでしょう。


4. 少しずつ始まりハマり抜け出せなくなる


最初から不倫などの、不毛な恋愛をしようとしてする女性は少ないのです。しかし、それは少しずつ始まり、ある時から止まらなくなります。

例えば、最初、あなたは不倫をいけない行為と認識し、既婚男性からのアプローチを無視し続けています。でも、彼の根気強いアプローチに、徐々に心が動き始め、彼にハマっていきます。


あるいは、なんとなくトキメキが欲しくて、そばにいる既婚の男性に優しくしてみる。すると、その既婚男性もその優しさに応えてくれる。職場だけで接していたのに、ランチを一緒に食べるようになり、夕食を食べるようになり、軽いデートをするようになり、どちらかがキスをして、止まらなくなる。このようなかたちであるとき、気がついたらハマっているのが不倫なのです。


5. 不倫にはまらないために…


このように恋愛が始まると考える時、チップ・ハースら著『スイッチ!』という書籍が参考になります。この本では、人間の心を「象」と「象使い」に例えています。象というのは、欲や衝動や感情を指していて、象使いは、象をコントロールする理性を指します。象は、動かないときはテコでも動きません。ところが一度走り始めると、今度は誰にも止められません。


象の例えに従えば、まったく恋愛をしない女性たちは、象が動かない状態にいて、不倫や不毛な恋愛を止められない女性たちは、象が暴走している状態にいます。

欲や衝動や感情をコントロールするには、象が立ち上がって、歩き始める前に防ぐことです。


具体的には、あなたが婚活をしているなら、結婚を考えていない男性とプライベートで接してはいけません。

見た目のキレイな女性や、スタイルのよい女性、女性らしい女性は、不毛な恋愛に引き込まれる可能性が高くなります。その可能性のある男性の前では、魅力を出さないようにしましょう。


また、不倫を水際で防ぐためには、あなたにやさしく接し、アプローチをしてくる既婚男性がいるなら、勘違いかもしれないと考えず、なるべく早く距離をおきましょう。


6. 不倫のネガティブな面やリスクを知り、覚悟を決める


不倫のような恋愛は、楽しい期間は短く、あとは依存心、猜疑心、嫉妬、罪悪感ばかりが募るのです。

不倫はほとんどの場合未来はありません。誰にも応援されず孤独です。子供を産む結婚をしたいのに、既婚男性と付き合っている女性は、付き合っていても楽しくなく、不安と不満を抱え続けることになります。


また、不倫の恋愛におけるリスクも考えてください。その恋愛が相手の奥さんにバレたらどうなりますか?その恋愛であなたは子供を産む結婚を諦めることになりませんか?


不倫や不毛な恋愛をしないためには「1年以内に結婚する」などの具体的な目標を決めることが重要です。目標が明確になると、覚悟も決まるので、迷いが減り、余計な事を考えなくなります。


7. 不倫・恋愛相手に過剰な期待をしない


恋愛への過剰な期待は、そうでなかった時、失望や不満をもたらします。その逃げ道として、不倫や浮気、不毛な恋愛に走るという事はよくあります。

あなたが期待する幸せを与えてくれる人は誰もいません。どんな恋愛でも、楽しいのは最初だけで、あとは普通の日常です。不倫のような不毛な恋愛では、それに苦しみが加わるだけなのです。


このことを知らないと、いつまでも目が外を向き、手に入らないモノばかり求めることになるでしょう。

これらに気を払って、長期的にあなたやあなたの周りを苦しめる恋愛を避けましょう。


独身男性との恋愛はお互いのエゴのぶつかり合い、労力がかかるもの、泥臭いものです。でも、そのガチンコを通して、真のパートナーシップが築かれていくのです。あなたの不倫相手も奥さんとそのガチンコを通して今の家庭を築いています。


ガチンコを避けて二番手に甘んじている状態は、結局「楽」をしている状態です。独身男性ときちんと向かい合い、受け入れ、お互いを唯一無二の存在と思える関係性を築いていきましょう。


不倫STOP!既婚者との恋愛を思いとどまる方法








既婚男性が魅力的に見えるなら、要注意


「合コンにイイ男なんていないよ」「目ぼしい男はみんな結婚しているよね」なんていいながら、高スペックな男性を求めてフラフラ…。ついにはじまった恋愛、素敵な男性が既婚者だったら?

気になっている男性が既婚者だったり、好きになる男性がいつも既婚者ばかりという不倫予備軍の独身女性もいますよね。


そもそも不倫ってどんな恋愛なのでしょう?ではさっそく、不倫を考え直すきっかけになる、3つのポイントをお伝えします。


不倫の恋愛を思いとどまる方法








1. 「イイと思う男性は既婚者ばかり」のカラクリ


30歳を過ぎた独身女性、誰もが一度は口にしたことがあるであろう、このセリフ、

「イイと思う男性は皆、結婚している」。これは当たり前のことです。その理由は次の3つにあります。


◆1.

イイ男であればあるほど早く刈り取られるので、既婚者は元々いい男である率が高い

◆2.

女性が好む男らしさがある(「結婚」「父親」という責任を負う覚悟など)

◆3.

独身男性よりも様々な人生経験を積んでいるので、コミュニケーション能力など、人間力が高い男性が多い(奥さんや奥さんのご両親などの親せき付き合い、親になるなど)


このように、既婚男性は元々イイ男率が高いですが、その大半は結婚後、さらに独身女性が好むイイ男に進化します。ですから、独身女性が既婚男性をイイと思うのは当たり前なのです。

結婚したいなら、特に30歳を過ぎたら“イイ男は自分の恋愛で育てる!”という覚悟と努力は必須です。イイ旦那さまになりそうな、イイ男予備軍に目を向けましょう。


2. 障害があればあるほど燃え上がる


恋愛は障害があればあるほど盛り上がる(ロミオとジュリエット症候群)もの。不倫もそんな恋愛の1つです。恋愛には寿命があり、大体4年と言われています。なぜなら、トキメキがどんどん失われていくから。でも、不倫は違います。


誰かにバレるかもしれないドキドキ感と、いけないことをしているという背徳感。そう、不倫は常にスリルと表裏一体なのです。そして、不倫のスリルを恋愛のトキメキとはき違えしまうと、それがいつまでもずるずると続いていきます。

自分に問いかけてみてください。


■本当にその男性のことを愛していますか?

■平凡な日常から抜け出したくて、スリルあふれる不倫をしたいだけではありませんか?

■不倫をする悲劇のヒロインである自分に酔っているだけではありませんか?


3. 不倫は既婚男性にとって最高の疑似恋愛、でも女性にとっては…?


先ほども出てきましたが、不倫は既婚男性にとって最高の疑似恋愛です。でも独身女性にとっては、恐ろしく不毛な恋愛です。

本当のやさしさではない、既婚男性のやさしさを勘違いし真に受けてしまうと、独身女性は独身男性では満たされず、恋愛が出来なくなってしまうのです。


男性は不倫をしている女性に対して、きちんと向き合いません。それは家庭があるから。

繰り返しますが、不倫とは、男性にとって責任を負わなくても良い、最高の疑似恋愛なのです。


考えてみてください。既婚男性は毎月少ないおこずかいの中でやりくりしています。お金のかかるキャバクラや風俗に行かなくても、自己満足や性欲を満足させてくれる不倫、男性にとってこんな好都合の恋愛はありません。


これに対し、不倫は独身女性にとってはどうでしょう?最初は割り切って始めた不倫でも、割り切れなくなるのが女性。大好きな人の一番になれない不毛な恋愛は、あなたの心と体、そして女性としての美しさを謳歌できる年月までもヒタヒタと蝕みます。


20代、30代の女性として一番楽しめる時期を既婚男性に費やし、気付いたら40代、なんてことも…。


不倫なんて、中途半端な恋愛に溺れず、お互いをナンバーワンかつオンリーワンの大事な存在と思いあえるパートナーと幸せな恋愛・結婚をして、女性として愛し、愛される喜びを謳歌していただきたいと強く思っています。どうぞ、ご自分を大切に、一番大事にしてください。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品