0

5年以上の交際は”結婚できない”!?愛を”冬眠”させない方法とは

2017年10月12日 22時00分 (2017年10月15日 12時00分 更新)
こんにちは!ライターの白鳥です。
先日、友人からこんな相談を受けました。

「彼と同棲してもう10年になるの。
なんだかもう兄弟みたいな関係になっちゃって、夜のほうもレスだし、このまま結婚できるのか不安」
たしかに10年はちょっと付き合うには長すぎるかも…。

『だから、彼女の恋はうまくいく』というベストセラー書を書いたジャーストマン氏は、『男性が一人の女性と結婚するかを決めるのに、あまり長い時間をかけるべきではない』と答えています。

では具体的に何年以上つきあうと『危険』なのか、ジャーストマン氏の意見をまとめてみたいと思います!

●(1)女性が男に許していい期間は5年が最長!?

ジャーストマン氏によると、女性が男性に許していい最長の期限は5年間 だと明言しています。
5年以上つきあっているのに、彼から婚約を切り出されなかったら、プロポーズされる見込みは低いというのです。

普通の男性ははじめてのデートからバージンロードを歩くまで、5年以上はかけないもの。数年付き合っても彼からプロポーズの気配がない場合は、女性側が動く 必要があるそう。

●(2)「結婚」という言葉は実際に使わずにプロポーズを引き出す

男性は「結婚」という言葉を女性から聞くとパニックになって「まだそれは考えてない」と反射的に答えてしまう人が多いので、「結婚」という言葉を口に出して男性に迫るのは得策ではありません。

そのため、女性の皆さんは「彼のことをどれだけ愛しているか」「彼が自分の人生をどれだけ幸せなものにしているか」を切り出すと良い そうです。

「話していて、こんなに楽しいのはあなただけ。
あなたとなら、一日中家でごろごろしているだけでもすごく楽しいの。
あなたのいない未来なんて考えられない」

彼はあなたから愛されていることを知り、気分が良くなります。
ここまでくれば、あとはもう一歩。

「私はあなたとずっと一緒にいたい。あなたはどう思う?」
この質問をして、彼がいい反応を示さなかったら、彼とのつきあいは考え直したほうが良いとジャーストマン氏は言います。
逆に、「ずっと一緒にいたい」と彼が言ったら、「それっていつか私たち、結婚するのかな?」と彼の気持ちを確認してみましょう。

この話では、最終的に「いつ結婚するのか」までは問い詰めないの がポイントです。
彼に結婚する意志があるのか聞ければOK。あとは彼が決断してくれるのを待ちましょう。
彼はあなたについて、しっかりと考えてくれるはずです。

----------

付き合いが長くなってきたけれど、彼が結婚する気があるのかわからないという方は、ぜひ試してみてくださいね!

【参考文献】
・『だから、彼女は愛される』ジャーストマン&ピゾ&セルディス・著(三笠書房)
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品