0

のめり込んだダブル不倫、けど妻にバレた彼は私を…

2017年10月13日 15時47分 (2017年10月13日 15時55分 更新)

 筆跡アナリストでカウンセラーの凛音です。ここ2年近く、著名人の浮気や不倫騒動が取りざたされていますが、なんと最近親友がW不倫に陥っていたことが発覚!

 話を聞いてみると、その意外な展開に“女の浮気”のリアルがかいま見えました。そこで今回は親友Aの許可のもと、女の浮気について深堀りしてみたいと思います!

◆始まりは彼女の退職から……

 親友A(31歳・派遣社員)は優しくて大人しい旦那さんと2人暮らし。子どもはいませんでしたが、毎週末夫婦で出かけてはSNSで楽しそうな様子をアップし、仲睦まじい印象でした。

 しかし結婚3年目を迎える頃、思わぬ出来事が。旦那さんの転勤で彼女は仕事を辞めることになり、送別会で以前から仲良くしていた先輩社員(41歳既婚・2人の子持ち)に口説かれてしまったのです。

「そもそも見た目がタイプだったこともあるけど、旦那にはない強引さとか、チョイ悪でオシャレなところに男として魅力を感じちゃって。なにより『かわいい』、『まだ若い』、『ずっとキレイだと思ってた』とか言われて、“オンナ”を忘れていた私にとって、こんなに嬉しいことはなかったな」

 結局、女心をくすぐられた親友Aは、W不倫といういばらの道へと足を進めていくことに。

 とはいえ、いつも一途で、浮気などしたことがなかった彼女。どちらかというと真面目なタイプだったのですが、実は、夫と1年くらいセックスレスだったそう。

◆たった半年で相手の妻にバレて破局!

 久しぶりの恋愛が楽しくて、2人は駆け落ちを考えるほど深みにはまっていきます。「罪悪感が消え、嘘をつくのが上手になる」そうで、麻痺とは恐ろしいものです……!

 しかし、ラブラブな不倫の日々は長くは続かず。半年ほどで終焉を遂げます。

「基本的にお互い家にいる夜は電話をしないルールだったのに、突然夜中に彼から電話がきて『ごめん、携帯見られて妻にバレた。別れてほしい』って言われて。『とりあえず落ち着くまで待とう』って言ったけど、『子どもとは離れたくないから』と切られてしまって……」

 その後、着信拒否をされ、まったく彼と連絡が取れない状態に。いやおうなしに彼女は日常へと戻されてしまいました。

◆戻ったときには夫との愛はなく……。彼女が出した答えは?

 幸い、相手の妻からのアクションはなく、何事もなかったかのように夫との日常を過ごすことに。ですが、彼女にとってそこに平穏はありませんでした。

「不倫をしている間に、もう旦那との愛は『過去』になっていたみたい。元カレと同居しているようなもので、一緒に寝るのもご飯を食べるのも、すごくつらかった」

 次第にケンカが増え別居、そして半年後に離婚が成立。彼女は不倫の末に、独り身になることを選びました。

 ですが、不倫をしたことで「自分の生き方について改めて考えることができた」と彼女は言います。

「夫といる自分は保守的で、いい子を気取っていて、すごく疲れていたけど、不倫相手の彼といると、いつも元気でやりたいことに挑戦しようっていう気持ちになれて、女としても自信が持てたんだよね。彼といる自分がすごく好きで、本来の自分に気づけたんだなと思った」

 と、さっぱりした表情で語る彼女は、まるで生まれ変わったようにキラキラしていました。

 ちなみに、不倫相手の男性は妻と和解したらしいのですが、今も「あのときは悪かった。また会いたい」と彼女に連絡をしてくるのだとか!

 一時の甘い蜜を忘れられないのでしょうか。やはり、男性が不倫で得るものは、ただの性愛なのかもしれません……。

―シリーズ浮気の結末 vol.9―

<TEXT/凛音>

【凛音 プロフィール】

筆跡アナリストで心理カウンセラー、カラーセラピストの資格も持つ。芸能人の筆跡を分析したコラムを執筆し、最近は履歴書の筆跡鑑定も開始。多面的な角度から人の心理を読み解く。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品