買ってまだ2か月のiPhone 5cが突然爆発。女子中学生が火傷を負う。(メイン州)

2014年2月6日 14時00分 (2014年2月9日 13時11分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

購入2か月のiPhone 5cが突然爆発。画像はpressherald.comのスクリーンショット

[拡大写真]

米メイン州ケネバンクで1月31日、購入してまだ浅いiPhone 5cを中学生の女の子がポケットに入れていたところ、それが突然爆発して第II度の火傷を負っていたことが伝えられ、全米で波紋を広げている。

『Portland Press Herald』が報じているところによれば、米メイン州ケネバンクの「Middle School of the Kennebunks」という中学校の2年生の教室で、母親から買ってもらってまだ2か月というApple社のiPhone 5cが女子生徒のパンツのポケットの中で爆発。少女は病院で火傷の治療を受け、大きな騒ぎとなっている。

少女のiPhoneは現在、この画像の通り膨れ上がっており、画面はいびつ。校長であるジェフ・ロッドマン氏がメディアに対応しており、「女子生徒は14歳。母親の意向により名は伏せます。彼女はフランス語の授業が始まるからとパンツのポケットにiPhoneを入れて着席しましたが、その途端にボンと爆発して煙が発生し、パンツもiPhoneも焼け焦げています」と説明した。

少女は太ももと背中に第II度熱傷を負っており、同州ビデフォードの「Southern Maine Health Care病院」で治療を受けたが、教師が毛布で彼女の下半身を包んでくれたものの、皆の前で焼けたパンツを脱ぐことを余儀なくされたこともひどい苦痛であった様子。母親もショックを隠せずにいるという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品