0

義眼に超小型カメラを埋め込んだカナダの男性「僕はアイボーグ!」

2016年1月30日 10時55分 (2016年2月3日 12時51分 更新)

カナダ人男性、右目はカメラが仕込まれた義眼(出典:http://eyeborgproject.com)

[拡大写真]

カナダで今、「右の目は義眼。そこに超小型カメラを埋め込んである私は“アイボーグ”」と語る男性が話題になっている。事故により眼球の摘出手術を余儀なくされた彼は「小説や映画のサイボーグからインスピレーションを得た。現代の技術を生かせば義眼にカメラを埋め込む手がある」と語る。普通の人が適わないような的確な視点でものを捉えることが特長のようだ。

カナダ・トロントで映画制作に携わり、自身を“アイボーグ(Eyeborg)”と名乗る現在43歳のロブ・スペンスさん。過去に起きた散弾銃の暴発事故により右目を失っていた。それから義眼による生活を余儀なくされていたが、この目がカメラだったら面白いのにという発想からプロジェクトを立ち上げ、協力者を得て、このほどついに右目に高性能の超小型カメラが埋め込まれたことを自身のウェブサイト『eyeborgproject.com』で発表した。

カメラの収納カバーでもある、見た目もかなり自然な義眼を作ってくれたのはフィル・ボーエンさん。そこにワイヤレスカメラのエンジニアであるコスタ・グラマティスさんが参加し、彼は最強の電子ツールを軍の施設に提供してきた実績を持つ「RF-links」社に、超小型高周波トランスミッターを注文。最後に電気技師のマーティン・リングさんが加わってプロジェクトは進められたという。

これにより、スペンスさんの右目のカメラが捉えた映像は彼の手元のモニターに表示されるようになった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品