0

世界で2番目に辛いチリを食べた男性 食道に2.5cmの穴(米)

2016年10月19日 14時55分 (2016年10月23日 14時01分 更新)

超激辛ハンバーガーを食べた男性が入院(出典:http://metro.co.uk)

[拡大写真]

世界には、様々なことにチャレンジする人がいる。このほど、「ゴーストペッパー」と呼ばれる世界で2番目に辛い唐辛子ペーストが塗られたハンバーガーを食べるコンテストに参加したアメリカ人男性が、あまりの辛さに食道に穴が開くという悲劇に見舞われた。

英紙『Metro』などが報じたところによると、この男性は「ゴーストペッパー」とも呼ばれるブート・ジョロキアのペースト入りハンバーガーを食べた後、激しいムカつきに襲われ、嘔吐した。

病院の検査で、男性の食道には2.5cmほどの穴が開いていることが判明した。その場で緊急手術が行われたものの、男性は23日間も入院する羽目になったという。

男性の症状は、突発性食道破裂によるものだとされている。これは極度の吐き気や嘔吐をこらえようとした時に食道内圧が上昇し、正常な食道が突然破裂を起こすというもので、死に至る場合もあるそうだ。

ブート・ジョロキアは、2007年に世界一辛い唐辛子として登録されていた。しかし2013年以降はキャロライナ・リーパーという唐辛子が「世界一辛い唐辛子」としてギネス世界記録に認定されている。

ちなみに、ブート・ジョロキアが認定される前は長年、ハバネロが世界一辛い唐辛子として知られていたが、キャロライナ・リーパーの辛さはハバネロの約5倍と言われている。防護服なしでは調理できないと言われるほどであり、恐らく想像を絶する辛さだろうと思われるが、チリ愛好家やコンテスト競技者には好まれているという。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品