0

がんを乗り越えた老犬のため「バケットリスト」を作り続ける飼い主(米)

2016年12月13日 15時35分 (2016年12月17日 12時00分 更新)

がんを経験した愛犬のためにバケットリストを作成(出典:http://metro.co.uk)

[拡大写真]

余命わずかと知った時、欧米では「バケットリスト」を作成する人がいる。これは「死ぬまでにやっておきたいこと」をたくさんリストアップすることで、余命いくばくもない者の最後の夢を叶えるという試みだ。このほど可愛がっている老犬ががんを経験し、苦しみを共に乗り越えた飼い主が最後まで楽しい思い出を作ろうと、愛犬のための「バケットリスト」を作成し続けていることを英紙『Metro』が伝えている。

ビーグルとグレイハウンドの雑種犬であるデクスター(14歳)は、生後3か月の時に米フロリダ州で有刺鉄線に絡まれていたところを通報され、動物保護シェルターに保護された。当時のデクスターはパルボウイルス感染症にかかっており激しい下痢や発汗、食欲不振という状態であったために、シェルターのスタッフは安楽死させた方がいいと考えたという。

現在ノースカロライナ州に住んでいるシャイロ・クェーラーさんは、その頃フロリダ州で学生をしており「The Humane Society(動物愛護協会)」でボランティア活動を行っていた。保護されたデクスターが安楽死されるとスタッフから聞いたシャイロさんは、ボーイフレンドのビルさんにデクスターを引き取りたいと相談した。

やがて奇跡的に病気から回復したデクスターはシャイロさんに引き取られ、とても健康で幸せに暮らしてきた。ところが2年ほど前からデクスターはよく物にぶつかるようになり、呼んでも反応しないことが多くなった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品