0

スリム美女はもう飽きた!? 「ミス・アメリカ」にノースダコタ代表の“ぽっちゃり”美女!

2017年9月12日 12時26分 (2017年9月16日 14時21分 更新)

ミス・アメリカにノースダコタ代表のカーラ・マンドさん(画像は『KFYR-TV/West Dakota FOX 2017年6月12日付「Bismarck native Cara Mund wins 2017 Miss North Dakota」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

これは近年の「ミス・アメリカ」に選ばれる女性たちの外見に関する話題である。『2018年ミス・アメリカ』ファイナルがこのほど終了したが、写真の二の腕の雰囲気でもわかるように今年の優勝者はまったく痩せていない。バストばかりか腰回り、太ももにもボリュームを感じるその水着姿には親近感を覚える女性も多かったはずだ。フランスをはじめファッション界では今、痩せすぎモデルを美しいと評価しない、起用しないという動きが強まっているが、ミスコンの世界も同様なのであろう。女性が無理なダイエットで体を壊す時代は去ったと言ってもよいのかもしれない。

ニュージャージー州アトランティックシティにある「ボードウォーク・ホール」で開催された『2018年ミス・アメリカ』。51名の出場者の中から勝ち抜き、10日夜のファイナルで今年のミス・アメリカに選ばれたのは、マイケル・ジャクソンの曲に合わせて得意のジャズダンスを披露したノースダコタ代表のカーラ・マンド(Cara Mund)さんであった。

アメリカのミスコンでは審査員から意地悪で難解な質問があるものだが、「トランプ大統領は先に、気候変動への国際的な取り組みを定めた2015年の『パリ協定』からの離脱を宣言しましたね。地球温暖化の原因である温室効果ガスの排出削減を目指す協定なのですが、大統領のその決断をあなたはどう思いますか?」との問いかけに、カーラさんは「悪い決断だと思います。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品