0

眼球タトゥーをした24歳女性モデル 失明の危機に(カナダ)

2017年10月2日 20時15分 (2017年10月7日 16時11分 更新)

眼球タトゥーをした24歳女性モデル 失明の危機に(カナダ)

[拡大写真]

ボディーアートで近年人気なのが、白目の部分にインクを注入する「眼球タトゥー」である。しかし専用の注射器を使って眼球を着色するこの施術は、一歩間違うと取り返しのつかないことになるようだ。カナダ在住の女性モデルが「私のような過ちを犯さないで」とSNSで呼びかけている。

オタワ郊外アーンプライアーに住むモデル、キャット・ギャリンジャーさん(24歳)は9月5日の夜、長年の友人で1か月前に付き合い始めたばかりのエリック・ブラウンさんに目のタトゥーを施術してもらった。

「僕はタトゥーアーティスト。目のタトゥーはこれまでにも20人以上に施術しているし、君にも是非やってもらいたい。」

そんな甘い言葉に乗せられたキャットさんは閉店後、エリックさんの店で右目の強膜(白目の部分)に紫のインクを注入してもらった。しかし施術後すぐ、キャットさんの右目からは涙とともにインクが流れ出し、その夜は痛みで眠れなくなってしまった。翌朝眼科に行ったものの痛みは増すばかりで、キャットさんはその後セカンドオピニオンを求め2人の医師の診察を受けているが、状態は決して良くはないようだ。

キャットさんは施術を振り返り、『CBS News』のインタビューでこう語っている。

「施術後、眼球のタトゥーについて調べたのですが、エリックが使った注射針は大きすぎたのです。だからでしょうか…インクが表面で留まることなく目の奥深くまで注入されてしまったようなのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品