【世界の注目記事】「化粧が濃すぎる」という理由で解雇された女性

2012年7月17日 16時30分 (2012年7月18日 16時03分 更新)
多くの女性にとって、化粧は自らの鎧(よろい)のようなものだ。守られていると感じ、安心することができる。イギリスで行なわれた調査では、3人に2人の女性が、化粧をしないで仕事に出かけることのほうが、最初のデートや大勢の前でのスピーチ、仕事の面接よりもストレスを感じるという結果が出ている。

これはイギリス人女性フランシーヌ・シダウェイさんも同様で、クレオパトラのような派手な化粧を好んでしていたのだが、化粧が濃すぎるという理由で清掃の仕事を解雇されてしまった。

英『Daily Mail』紙の報道では、28歳のフランシーヌさんは上司から「化粧を少し控えめにするか、落とすように」と伝えられた後に、解雇されたとしている。彼女は3年以上病院の清掃に携わっていた。

病院側は「全スタッフは、制服規定・服飾規定にサイン(署名)することになっています」とコメント。だがフランシーヌさんは不当に扱われたと考えていて、『Mirror』紙の取材に対し、「私は自分の化粧が気に入っているし、どうしてこれが仕事の妨げになったり、安全衛生面で問題になったりするのか理解できない」と反論している。

反面教師に! セレブのメイクの失敗例(フォトギャラリー)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

『攻殻機動隊ARISE broder:3 Ghost Tears』エンディングテーマは「ショーン レノン コーネリアス」が担当。写真は素子フィギアとエンパイアステートビルとショーン・レノン(Photo by 本田ゆか/Yuka C. Honda)

ショーン・レノン×コーネリアス 『攻殻』最新作で

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」