乳首ポロリ、ヒモだらん……ハプニングで垣間見えるスターの素顔

2012年10月4日 21時00分 (2012年10月29日 21時21分 更新)

「ゴーメンナサイ!」ブリちゃんもヒモを垂らした
ことを謝ってます

[拡大写真]

 年間を通じて多くのライブを行う人気アーティストたちのステージには、ハプニングがつきもの。予期せぬハプニングが起こると、セレブの素の顔を垣間見ることができる。ハプニングとは、スターの本性が見える絶好のチャンスでもあるのだ。今回は、ハプニングに見舞われた時のリアクションがとても個性的だった、「ステージパフォーマンスの予期せぬ出来事」を、ご紹介する。

■ビヨンセ

 激しいダンスで観客を魅了するビヨンセのステージは、ブロードウェイの舞台のような高いエンターテインメント性で有名。汗でステージが滑りやすくなってしまうのか、ツルッと滑ってドスンと尻もちをついたり、階段から転げ落ちることも少なくない。しかし、そのようなちょっとしたミスをうまくカバーできるのが、ビヨンセのすごいところ。振り付けかと思ってしまうくらい、自然な動きである。

 しかし、そんなビヨンセでも、パフォーマンスを中断しなければならないほどのハプニングに見舞われたことがある。コンサートで、しっとりとアカペラを披露していた時のこと。しーんと静まり返る観客席の中にいた男性ファンが、抑えきることができず、「ベイビー、君が一番。最高だよ!」と声をかけたのだ。意表を突かれたビヨンセは照れてしまい、素の状態に。何度もマイクを口に持っていくのだが、完全に照れてしまい、続けられなくなったのだ。思いがけず、乙女でかわいらしいビヨンセの表情を見られたファンは大喜び。最終的に、マイクを下げ、一度思いっきり笑うことで吹っ切り、歌を続行したのだった。

ブリトニー・スピアーズ

 ブリトニー・スピアーズにとって最悪のステージは、メルトダウン後に再起をかけて出演した、2007年9月の『MTV Video Music Awards』だとされている。しまりのない体でヘラヘラ笑いながらステージを右往左往し、観客席にいるセレブたちを絶句させ、ある意味伝説的ステージとなったのだが、それ以上に強烈なハプニングが起きたことがある。

 09年に復帰をかけて行った5年ぶりとなるツアー『The Circus Starring Britney Spears』のカリフォルニア州アナハイムのステージでのこと。ラップダンス風のセクシーなダンスで腰をクネリ回していたところ、勢い余って飛び出たのか、コスチュームの股間から白い糸がタラ~ンと垂れているのが観客席からはっきりと見えてしまったのである。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品