マーク・ハーモンが語る、『NCIS』コート・デ・パブロ降板後の行方とは!?

2013年9月17日 08時00分 (2013年9月18日 15時59分 更新)

マーク・ハーモンとコート・デ・パブロ

[拡大写真]

まもなく米国にてシーズン11が放送開始される『NCIS ネイビー犯罪捜査班』。すでにお伝えしていたように、同シリーズのジヴァ役を演じていたコート・デ・パブロがシーズン中に降板することが決定している。本作で"ボス"のギブス役を演じるマーク・ハーモンが、コートがいなくなった後の番組の先行きについて語った。

【関連記事】CBS ジャンケットに突撃!!

シリーズが始まってすでに10年以上が経過しているが、今春まで放送していたシーズン10では、本作の最高視聴者数を更新するなど、いまだにその驚異的な人気を見せ付けている。製作総指揮の一人でもあるマークは、アメリカのトーク番組に出演した際に同シリーズがファンに愛され続けている理由について、「(シリーズを続けてくる中で)これまでに多くの変化があった。カメラの前でも、舞台裏でも、そういった変化が番組にとって良いものになるように努めてきたんだ」と語っている。

また、コートの降板についても「新シーズンは、また新しい変化があるんだ。コートがいなくなってしまう。これを"バネ"にして、番組を進化させ、視聴率No.1で居続けることができるかどうかは私たち次第だ」と触れている。

同シリーズのショーランナーのゲイリー・グラスバーグは、番組のブログ内に掲載されたファンに向けた手紙で、コートの降板決定に今でもショックが続いていると綴っている。しかし、「ジヴァがいなくなるという、見て見ぬふりをしてきた問題」に対しては、素晴らしい解決策を考えついたという。「これまでで、最も感動的な作品の一つになる。とても胸が締め付けられるようなストーリーで、非常に誇りに思っている」と、視聴者をがっかりさせないエピソードになることを約束している。

8年間、シリーズの人気を支えるキャラクターの一人ジヴァを演じてきたコートの降板が番組に与える影響は計り知れないが、長寿番組ではキャストの入れ替わりはつき物。どのように対応するかが番組の先行きにも関わってくるのだが、"ジヴァとの別れ"のエピソードは期待できそうだ。

『NCIS』シーズン11は、9月24日(火)から米CBSにてスタート。(海外ドラマNAVI)


Photo:マーク・ハーモンとコート・デ・パブロ
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品