0

レオナルド・ディカプリオ、トランプ次期大統領と環境事業について会談

2016年12月9日 11時45分 (2016年12月10日 12時00分 更新)

(Photo:cinemacafe.net)

[拡大写真]


レオナルド・ディカプリオドナルド・トランプ次期アメリカ大統領と会談、再生可能エネルギーの経済効果について話し合った。

環境保護活動に熱心で、自身の名を冠した「レオナルド・ディカプリオ財団(LDF)」を設立しているレオナルドは、LDFのCEOのテリー・タミネン氏とともにニューヨークのトランプ・タワーを訪問。大統領選挙期間中、地球温暖化について懐疑的な態度を示していたトランプ氏と彼の長女・イヴァンカと会談し、クリーン・エネルギーに注力することで数百万の雇用を作り出すとプレゼンテーションを行なった。

レオナルドはそれ以前にも、イヴァンカに自身が手がけた地球温暖化についてのドキュメンタリー映画『Before The Flood』(原題)を送っていた。

タミネン氏によると、トランプ氏は今後も会談を希望していて、来年1月にも再度会談を予定しているという。

(text:Yuki Tominaga)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品