0

『ゲーム・オブ・スローンズ』ミキール・ハースマン、『ホーンティング』シリーズ版に出演

2017年6月19日 10時00分 (2017年6月21日 18時06分 更新)

ミキール・ハースマン

[拡大写真]

Netflixが製作するホラー映画『ホーンティング』のドラマシリーズ版に、大ヒットファンタジー大河『ゲーム・オブ・スローンズ』のダーリオ・ナハーリス役で知られるミキール・ハースマンが出演することが明らかになった。米The Hollywood Reporterが報じた。


本作は1959年に出版されたシャーリー・ジャクソン著の同名ホラー小説が原作。1963年に初めて映画化され(邦題は『たたり』)、1999年のリメイクの際にはリーアム・ニーソン(『96時間』)が主演を務めた。99年版は『スピード』『ツイスター』のヤン・デ・ボン監督による、当時の最新映像技術の活用の甲斐もあり、全世界の興行収入が1億7700万ドル(約196億円)を突破する大ヒットとなった。


物語は築80年のお屋敷に暮らす4人の人々を中心に描かれる。ミキールが演じるのは、家族と暮らした"ヒル・ハウス"についての超自然の書籍を出版した、一家の長男スティーヴン。脚本はマイク・フラナガン(『サイレンス』)、監督はトレヴァー・メイシー(『デンジャラス・ラン』)、製作総指揮はジャスティン・ファルヴェイ(『アメリカン・ゴシック ~偽りの一族~』)とダリル・フランク(『ジ・アメリカンズ』)が務める。


ミキールは『ゲーム・オブ・スローンズ』以外にも『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』や、対象的な二人の歌手が主人公の『Nashville(原題)』といったTVシリーズや、ブレイク・ライヴリー主演の映画『アデライン、100年目の恋』などで活躍している。(海外ドラマNAVI)


Photo:ミキール・ハースマ
(C) Izumi Hasegawa / HollywoodNewsWire.co

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品