張成沢氏の粛清引き金 宴会で取り巻きが「万歳!」の痛恨ミス

2014年1月16日 07時00分 (2014年1月27日 12時33分 更新)

 北朝鮮当局は昨年12月13日、同国で金正恩第一書記に次ぐ権勢を誇っていた実力者、張成沢国防委員会副委員長(朝鮮労働党行政部長)の処刑を突如発表。世界に衝撃を与えた。粛清の裏に何があったのか、なぜ、粛清されなくてはいけなかったのか──ノンフィクションライターの李策氏がレポートする。

 * * *
 張が粛清されたのは、金正恩の強硬姿勢に不安を感じ、それが確執に発展したからではないのか──。その真相を見極めるには、粛清に至った経緯を知らねばならない。

 そのためにも、北朝鮮当局者から直接、粛清の内幕を聞く必要があった。なお取材班は、この当局者と接触する上で、やむなく「投資家」に身分を偽装していることを断わっておく。

 しかしだからこそ、朝鮮中央通信のような海外向けの「主張」ではなく、ディテールに富む内輪話を聞くことができた。北朝鮮当局者が語った内容は次のとおりである。

「将軍様の死後、党・軍・政府の一切の人事と行政権限を掌握した張は、絶大な権力を誇っていました。彼は将軍様の愛した普天堡(ボチョンボ)電子楽団と旺載山(ワンジエサン)軽音楽団のうち、自分が可愛がっていた者たちだけを残し、ほかのメンバーは一般社会に戻してしまった。そして、残したメンバーたちを週に1、2回のペースで開くパーティーに出席させ、将軍様とまったく同じように振る舞っていたのです」

 ここで言われている「パーティー」とは、党や軍の最高幹部だけを集めて行なわれる秘密の酒宴のことだ。最高級の料理や酒が並ぶ贅沢ぶりは、金正日の料理人・藤本健二氏の証言によって明らかになっている。

 しかし当然のことながら、北朝鮮当局が、その事実を認めたことはないし、認められるはずもない。多くの国民が飢えに苦しむ中での贅沢三昧を明かすことは、あの国における最大のタブーなのだ。

 そんな禁忌に触れていることからも、当局者の話が相当に踏み込んだものであることがわかる。

「とくに目に余ったのは、海棠花グループの副社長・韓明姫(ハンミョンヒ)による供応です。彼女は張に一般大学生や新人映画女優など、彼の好みに合った女性を200人以上も紹介した。そのうち100人を超える女性が、張と夜をともにさせられたのです。これは、国家安全保衛部が彼女を取り調べる過程で明らかになった事実です」

 海棠花(ヘダンファ)グループは、北京など海外で北朝鮮レストランを運営する「外貨稼ぎ」部門であり、最近では北朝鮮初となる複合商業施設「海棠花館」を平壌市内にオープンさせている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品