1

ロッテ創業家4人が出廷=初公判で起訴内容否認―韓国

2017年3月20日 17時56分 (2017年3月20日 23時57分 更新)

 【ソウル時事】ロッテグループの創業家一族が横領や脱税などで在宅起訴された事件の初公判が20日、ソウル中央地裁で開かれ、創業者の重光武雄(韓国名・辛格浩)氏(94)ら4人が出廷した。

 韓国メディアによると、車椅子で公判に臨んだ重光氏は「この会社は私がつくり、100%株を持っている。どのようにして私を起訴できるのか」などと起訴内容を全面否認。30分で法廷を後にした。 

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    実は、ロッテも日本より重工業などに手を出す韓国の売り上げが大きいと言う。なんなんだろうね。韓国は社会インフラ企業も感謝せず、略奪したいんだろうね。自国の企業も、育たんわな。まさに鞭もつ両班。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品