5

文氏、リード広げる=安氏後退―韓国大統領選

2017年4月21日 11時32分 (2017年4月21日 23時57分 更新)

 【ソウル時事】韓国の世論調査会社「韓国ギャラップ」が21日発表した大統領選候補の支持率調査(18〜20日実施)によると、革新系の最大野党「共に民主党」の文在寅前代表(64)が41%でトップを維持した。2位の中道系野党「国民の党」の安哲秀元共同代表(55)は前回から7ポイント減の30%と低迷し、文氏との差は11ポイントに広がった。

 前回(11〜13日実施)の世論調査では、文氏40%、安氏37%と、文氏のリードは3ポイント差まで縮まっていた。選挙戦は22日から最初の週末を迎えるが、安氏陣営は戦略の練り直しを迫られそうだ。

 ギャラップによると、10〜40代の各世代で、文氏が半数を超える支持を得たのに対し、安氏は50〜60代以上で優勢を保っている。無党派層では、安氏が25%、文氏は14%だった。 

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    アメリカでも、識者内に韓国撤退論も出てるから、バイバイアメリカンかも。

    6
  • 匿名さん 通報

    どyでもいい。どうせ北と一緒に消えてなくなる、近日中に。

    6
  • 匿名さん 通報

    呑気だな。北に吸収させて公開処刑されるかもしれないのに。親北が大統領だなんて。

    2
  • 匿名さん 通報

    親北の大統領が誕生した後、数ヶ月後には軍事クーデターが勃発して軍事政権に逆戻りするんやろ、きっと。

    1
  • 匿名さん 通報

    何この時事通信の記事。文在寅はずっと独走=「韓国人は均一にバカ」だよ。素人の俺でもわかるのに安倍がそれを計算してないわけねぇ。「韓国は連続した国難にテンパって北朝鮮と心中を選んだアホ」だった。南無。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品