11

北朝鮮に「あらゆる手段」用意=米仏首脳電話会談でトランプ氏

2017年8月13日 08時58分 (2017年8月13日 23時57分 更新)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は12日、フランスのマクロン大統領と電話で会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題などについて協議した。ホワイトハウスによると、トランプ氏は「北朝鮮の脅威を食い止めるため、外交、経済、軍事などあらゆる手段を用いる用意がある」と表明した。

 米仏首脳は電話会談で、国連安保理で採択された新たな北朝鮮制裁決議を履行し、朝鮮半島の非核化を実現するため、同盟国やパートナー国と協力していく方針を確認した。 

コメント 11

  • 匿名さん 通報

    ドイツのメルケルが親露、親中、反米なのは、彼女が旧東ドイツの出身だからだろう。その点、マクロン氏は話が通じやすい。

    6
  • 匿名さん 通報

    なにも出来ない、なにもしない口先だけのネトウヨが、外国に行動を求める姿が一番滑稽だな。

    5
  • 匿名さん 通報

    習 何もしないな 所詮は、二枚舌外交か 北は、無視するのがいいよ。存在価値を認めないということなので、一番ひどい制裁だ。相手にしない。

    3
  • 匿名さん 通報

    習派と江沢民派の攻めぎあい…… 習派が制裁しようとしても江沢民派が支援すれば、デブ猪八戒も強きになれる!

    3
  • 匿名さん 通報

    実際に被害を被ってからでは遅い。 実行を!

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品