2

国外追放は「火に油」=北朝鮮大使、ペルーを非難

2017年9月13日 11時16分 (2017年9月13日 23時57分 更新)

 【リマ時事】北朝鮮の核・ミサイル開発を理由にペルー政府から国外退去を命じられたキム・ハクチョル北朝鮮大使は12日、首都リマの大使館前で声明を読み上げ、「ペルー政府の措置は法的、倫理的根拠に欠け、国際安全保障のためになるどころか、かえって火に油を注ぐものだ。抗議するとともに遺憾の意を表す」と非難した。

 これに対し、ペルーのルナ外相は記者団に「北朝鮮と関係を維持するのは不適切だ。関係は絶たないものの、外交レベルを下げる」と反論した。 

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    トランプの脅しが効いてるな。それとりフジモリ元大統領の人権どうにかしろよペルー。白人政権ができなかった左翼テロを止めた偉人なのに。

    3
  • 匿名さん 通報

    ペルーは「男気」を見せたのだから、ちゃんと守ってやれよ。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品