100+

衆院選公示、安倍政権の継続是非が最大の争点

2017年10月10日 18時55分 (2017年10月10日 23時50分 更新)
[東京 10日 ロイター] - 第48回衆院選は10日公示され、22日投開票に向けた12日間の選挙戦が始まった。定数削減により戦後最少の465議席を与野党で争う。
安倍晋三首相(自民党総裁)は、自民、公明で過半数の233議席を確保すれば、政権を維持する方針を示し、事実上、安倍政権の継続の是非が最大の争点になる。
衆院選は経済政策「アベノミクス」を争点に掲げ、与党が圧勝した2014年12月以来。
連立与党の自民党、公明党に対し、東京と大阪で候補者調整した希望の党と日本維新の会、日本共産党、立憲民主党、社民党の3極が対立する構図となった。
共同通信によると、立候補者数は自民332人、希望235人、公明53人、共産243人、立憲民主78人、維新52人、社民21人、日本のこころ2人、諸派91人、無所属73人。
安倍首相は9月25日の解散表明会見で、急速に進む少子高齢化や緊迫する北朝鮮情勢について、いずれも「国難」と指摘し、衆院を解散した。
2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げで得られる税収は、教育無償化などの社会保障費に充てる選択肢も示し、看板政策である「人づくり革命」の推進を訴えた。
これに対し、希望の党や日本維新の会は消費増税の凍結を主張。他の野党も「直ちに消費税率10%にはできない」(立憲民主)、「増税は中止」(共産)、「反対」(社民)と訴え、消費税10%への引き上げも大きな争点の1つに浮上した。

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    モリカケ問題取り上げるなんて時間の無駄と言うのはまちがっている。国民の税金が今までもこれからも使われるのだから

    83
  • 匿名さん 通報

    党首討論を見ていると、安倍首相は討論の基本を完全に無視している。いつもの国会答弁と同じだが質問には答えないで同じことばかり繰り返す。これで自民党が勝ったら民度の問題かも

    78
  • 匿名さん 通報

    志位さんに追及された安倍、目が泳いでるぞ

    77
  • 匿名さん 通報

    手垢に汚れた安倍政権などは、殿の「ご乱心」はこれ以上は見逃せないと、倒幕運動が自民党の内部から起こっても良さそうなものだが、情けない連中が自民党内には多すぎる。

    74
  • 匿名さん 通報

    党首討論で安倍首相は法人税収は増えている、と自慢していましたが、嘘だったと。もう呆れます。朝日の記者のもりかけ問題での質問に逆ギレしてファクトチェックしろ、といったのは誰か!

    68
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品