0

総領事館員逮捕で「深い懸念」=トルコ外相と電話会談―米長官

2017年10月12日 11時10分 (2017年10月12日 23時57分 更新)

 【ワシントン、エルサレム時事】ティラーソン米国務長官は11日、トルコのチャブシオール外相と電話会談し、トルコ治安当局が在イスタンブール米総領事館の現地職員を逮捕したことについて「深い懸念」を表明した。さらにトルコ政府に対して、職員の犯罪を裏付ける証拠を示すよう要求した。

 在イスタンブール米総領事館のトルコ人職員が逮捕されたことを受け、在トルコ米大使館は8日、トルコ国民への非移民ビザの発給業務中止を発表。在米トルコ大使館も同様の対抗措置を取り、両国関係が悪化している。米・トルコ外相の協議はビザ発給停止問題が起きて以降初めて。 

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品