9

米国がユネスコ脱退へ、反イスラエル姿勢など理由に

2017年10月13日 08時08分 (2017年10月13日 12時50分 更新)
[パリ 12日 ロイター] - 米国は12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から脱退すると発表した。脱退時期は2018年末の見通し。組織の運営方法に加え、反イスラエル的な姿勢などが理由と説明した。
国務省の報道官は声明で「今回の決定は軽いものでなく、組織の抜本改革の必要性や継続的な反イスラエル偏向等を反映している」と述べた。
米国の負担金はユネスコ予算の約5分の1を占める。
米国の決定について、ユネスコのボコバ事務局長は遺憾の意を表明した。
*写真を付け、カテゴリーを追加します。

コメント 9

  • 匿名さん 通報

    日本もユネスコなんて脱退しろよ!日本の拠出金で反日職員が飯ウマ

    7
  • 匿名さん 通報

    日本も脱退して欲しいが、ユネスコ自体の解散もして欲しい。ロビー活動で色んな決定が左右されるなんて公平性に欠ける。

    2
  • 匿名さん 通報

    日本も脱退してみれば?ユネスコはありがたさがわかるでしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    もし日本が脱退したら,逆に中韓に好き放題やられるだけ.そのくらいのことわからんのか?

    1
  • 匿名さん 通報

    そういう気持ちはわからないでもないが、脱退したら負けだよ。日本もただ、だまっているだけでなく強力にロビー活動することだ。1つ言われたら、2~3倍にして言い返せ。現代は言論戦・情報戦だ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品