90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

とんねるず『生ダラ』の第1回 下ネタ全開だった思い出

ライター情報:井上マサキ

キャロ~ン!

日本テレビ系列で放送されていた『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』、通称「生ダラ」。とんねるずをメイン司会に1991年~2001年まで、まさに90年代の真っ只中にいたバラエティ番組だ。

とんねるずにとって1991年は「情けねえ」で紅白歌合戦に出場した年。パンツ1丁で「受信料を払おう」とボディペインティングをした、そんな突き抜けていた頃のとんねるずである。当然、『生ダラ』もキレキレで始まった。

【番組タイトルを伏せて始まった】


第1回の放送は1991年10月16日(水)21:00。この日のテレビ欄には「とんねるずの新番組」としか書いていなかった。とんねるずがMCであること、生放送であることしかわからない。番組タイトルは生放送中に発表されるというのだ。気になってチャンネルを合わせると、とんねるずの2人がほぼ全裸で大暴れしているオープニングが流れる。

「とんねるずのオールナイトニッポン」では、番組開始からフリートークが30分ぐらい続いてようやくタイトルコール、という流れが当たり前だった。この生放送、ひょっとしたら放送中に発表されないかもしれない……という心配をよそに、意外と早く番組タイトルが発表される。スタジオの巨大モニターいっぱいに映された『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』のロゴ。ところどころ精子のようなイラストが入っている。時刻はまだ21時台。親も一緒に観ている。

さらに下ネタ攻勢は続く。

関連キーワード

ライター情報: 井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

2015年8月13日 11時05分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!